【感染対策について】新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

【彫刻買取】長年の経験で価値に見合った買取価格をご提示いたします

TOP

彫刻買取

彫刻の
ご売却をお考えならお任せください

概要

処分にお困りの彫刻はございませんか?
日晃堂には相続品などで価値の分からないといった彫刻や、コレクション、引っ越し整理などで片づけたい彫刻など多数のご相談を頂きます。彫刻は模造品などの偽物も存在するお品物です。買取業者の中には偽物であることを危惧して、買取価格を低めに提示してしまうところもあるほどです。そのため査定士の目利きが重要となるお品物でもあるのです。 日晃堂では、彫刻の買取経験が豊富な査定士が数多く在籍している為、価値に見合った買取価格をご提示させていただきます。

ブロンズ彫刻はもちろん、象牙や珊瑚の彫刻、平櫛田中の彫刻など、高価格でお買取させていただきます。査定料など手数料は全て無料ですので、買取価格や価値だけ知りたいお客様もお気軽にご相談ください。

以下のような彫刻でもご相談ください
  • 欠けがある
  • 蔵から出てきた
  • 整理したい
  • 劣化している
  • 箱がない
  • 傷、汚れがある
  • 付属品がない
  • 価値がわからない

彫刻買取は買取店選びが非常に重要です

彫刻などの骨董品は、依頼する買取店によって買取価格が大きく変動いたします。
作家の価値や真贋を目利きできない買取店に依頼した場合、高価値の骨董品でも価値以下の買取価格を提示される可能性があります。日晃堂は彫刻であれば、どの骨董品買取店よりも、より正確な目利きができる自信があります。どのような彫刻でも、お気軽にご相談ください。
ブロンズ彫刻
エミール=アントワーヌ・ブールデル「アポロンのマスク」
エミール=アントワーヌ・ブールデル「アポロンのマスク」
総合買取業者
買取価格
骨董品買取専門店A社
買取価格
骨董品買取専門店B社
買取価格
320,000 640,000 960,000
1,400,000
エミール=アントワーヌ・ブールデル「アポロンのマスク」

彫刻の買取実績

  • 彫刻
    愛知県豊田市

    ブロンズ彫刻

    景泰藍 彫刻観音菩薩像

  • 彫刻
    東京都杉並区

    象牙彫刻

    象牙宝船置物

  • 彫刻
    青森県東松島市

    ブロンズ彫刻

    雨宮敬子作「間(はざま)

  • 彫刻
    鹿児島県霧島市

    象牙、ブロンズ彫刻

    人物像

  • 彫刻
    島根県太田市

    ブロンズ彫刻

    騎士胸像

  • 彫刻
    京都府舞鶴市

    珊瑚彫刻

    観音菩薩

  • 彫刻
    福島県喜多方市

    ブロンズ彫刻

    三日月に寄りかかるダイアナ

  • 彫刻
    兵庫県三木市

    ブロンズ彫刻

    北村西望 笑う少女

  • 彫刻
    長野県飯田市

    ブロンズ彫刻

    イポリット・モロー LE REVE

彫刻の買取依頼時に
よくある質問
持ち運びが難しい大きな彫刻でも買取してもらえますか?

数人で持ち運びできる範囲の作品であれば買取いたします。公共彫刻(野外彫刻)として制作されたような巨大な作品の場合、買取が難しいこともあります。

作家が不明の彫刻を買取してもらうのは難しいでしょうか?

作家不明の場合でも査定し、市場評価のつく作品であればお買取させていただだきます。

剥製なども買取は可能なのでしょうか?

需要や自然環境保護などの観点から取扱できない場合が多いです。

下記の作品を例に彫刻の
査定ポイントをご紹介します
玉野勢三「母子」

査定する彫刻の作品

作品:玉野勢三

作品名:母子

付属品:なし

商品の状態:小さな擦傷有

査定ポイント1.

作家の確認

作家の確認

近代・現代の彫刻作品の場合、その評価の大部分は作家の美術市場での評価によって決まります。作家が誰なのかは、作品自体に彫られているか、描かれている銘(サイン)や作風によって判断します。

帝室技芸員や人間国宝に認定された作家の場合には一般的に評価が高くなる傾向があります。たとえば帝室技芸員の作家では山崎朝雲、朝倉文夫、平櫛田中、石川光明、人間国宝の作家では林駒夫、平田郷陽のような作家です。
また「せんとくん」のデザインで知られる籔内佐斗司のような人気の高い現代の作家による作品の場合にも評価が高くなります。それ以外にも高い評価となるものは、画家や現代作家による彫刻やオブジェ(立体作品)をあげることができ、作家としては草間彌生、池田満寿夫、瀧下和之、KAWS(カウズ)、ジェフ・クーンズらがいます。

査定ポイント2-1.

状態の確認

作品の状態の確認

◆共箱
日本の作家の多くが、作品と同時に箱を制作するので、査定に際しては「共箱」の有無が重要です。この箱も作品自体にある銘と同じように作者特定の手掛かりになる場合があります。作品をおさめるための箱には、共箱以外にも遺族や所定の鑑定機関による箱書のある鑑定箱があります(必要に応じて取得します)が、基本的には共箱があることが望ましいです。

◆素材
同じ作家による作品でも使用した素材によって査定金額が変化します。作家によって様々なので一概には言えませんが、一般的にはブロンズ素材の作品の場合に、評価が下がる場合があります。一点ものの木彫作品とはちがって、ブロンズの場合は原型となる鋳型をもちいて複数制作されるためです。作家によってはシリアルナンバーを入れる場合があり、この場合は大量生産品ほど評価が下がりにくいでしょう。

◆出来映え・主題・サイズ
同じ評価の作家でも作品ごとの彫刻作品としての出来映えによって評価が上下します。また一般的にはサイズが大きいほうが金額的には高くなる傾向にあります(ただし近年の日本の住宅事情から大きすぎる作品は嫌われることもあります)。 作品の扱う主題によっても金額が変わることがあります。作家の代表的な(得意な)主題や仏教関連の主題を扱った作品の場合に高めの評価となります。一方で、干支を主題にした作品の場合、評価は低めになります(富永直樹や北村西望らの干支作品が代表的な例です)。

査定ポイント2-2.

海外の作品状態の確認

海外の彫刻作品の場合も基本的には日本の場合と同じように作家の評価等によって評価が決まります。 ただし海外作家のブロンズ像の場合にはサインと鋳造所印に注意する必要があります。鋳造所の印がない場合、作家は同じでも比較的近年に制作された(鋳造された)複製作品の可能性が高く、当然評価も下がります。 また使用している素材にも注目しましょう。一概には言えませんが、作品の一部に象牙や台座に大理石を使用している作品の場合、評価が高くなることがあります。一方でブロンズ風のイミテーション素材の場合にはかなり評価が下がります。

査定ポイント3.

状態・細部・来歴の確認

状態・細部・来歴の確認

保存状態によっては評価が下がってしまう場合があります。 木彫作品は素材の特性上、劣化や破損が生じやすいので取り扱いは慎重にしてください。ブロンズの場合、一部鋳造が甘く制作されたものもあるので、作品の細部にも注意が必要です。同じ作家でも細部の鋳造が甘い場合、評価が下がることもあるからです。来歴等も重要な評価基準の一つです。例えば売立目録や図録に掲載されている、展覧会出品作品である、著名オークション出品作品である、著名人所蔵品である…などです。来歴によって付加価値がつく場合は評価金額もあがることがあります。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

取り扱い彫刻作家一覧

  • 朝倉文夫
  • 雨宮敬子
  • 雨宮淳
  • 雨宮治郎
  • アントナン
  • 石川光明
  • 伊藤五百亀
  • イポリット・モロー
  • エティエンヌ
  • エドガー・ドガ
  • エミール・ピコー
  • エルテ
  • エルネスト
  • 圓鍔勝三
  • 大内青圃
  • オーギュスト
  • 荻原碌山
  • 加藤顕清
  • カリエ=ベルーズ
  • カルポー
  • 菊池一雄
  • 北村西望
  • 北村治禧
  • 木内克
  • 木下繁
  • クレール・コリネ
  • 古賀忠雄
  • 小坂圭二
  • 後藤貞行
  • 小森邦夫
  • 斎藤素巌
  • 桜井祐一
  • 佐々木大樹
  • 佐藤朝山
  • 佐藤助雄
  • 佐藤忠良
  • 澤田政廣
  • シパリュス
  • 清水多嘉示
  • 下村清時
  • ジャン・アルプ
  • 新海竹太郎
  • 進藤武松
  • 神保琢磨
  • 高田博厚
  • 高橋剛
  • 高村光雲
  • 高村光太郎
  • 竹内久一
  • 建畠覚造
  • 建畠大夢
  • 玉野勢三
  • ダリ
  • 千野茂
  • 戸張孤雁
  • 富永直樹
  • ドミニク・アロンソ
  • 内藤伸
  • 中川清
  • 中原悌二郎
  • 中村晋也
  • 中村博直
  • 流政之
  • 花田一男
  • 早川巍一郎
  • 平櫛田中
  • 平野千里
  • 平野富山
  • 晝間弘
  • ブールデル
  • フェルディナン
  • フェルディナンド
  • 藤井浩佑
  • 藤川勇造
  • 舟越保武
  • フレミエ
  • 堀進二
  • 本郷新
  • マチュラン
  • 松田尚之
  • 松本明慶
  • マリオトン
  • マン・レイ
  • 三木富雄
  • 三坂耿一郎
  • 向井良吉
  • 村田徳次郎
  • 森川杜園
  • 矢崎虎夫
  • 柳原義達
  • 籔内佐斗司
  • 山崎朝雲
  • 山田鬼斎
  • 山田良定
  • 山本豊市
  • 吉田三郎
  • 淀井敏夫
  • 米原雲海
  • ラウル・ヴェルレ
  • レオン・ピエ
  • ロダン
  • 分部順治

彫刻買取をご利用されたお客様の声

玉野勢三 大型ブロンズ彫刻像 母子をお買取りしました。
玉野勢三 大型ブロンズ彫刻像 母子
ブロンズ彫刻/出張買取

知り合いから彫刻を戴いたのですが、特に美術品に興味がなく、家内にも邪魔だと言われてしまったために、日晃堂さんに買取のお願いをしました。著名な作家さんの彫刻だったようで、高額で買取していただけました。機会がありましたら、またお願いしたいと思います。

静岡県御殿場市 60代男性

西洋骨董査定士

鑑定士より

「子供」をモチーフに制作活動をしており、ブロンズ彫刻で表現される母や純粋無垢な子供の仕草、表情には非常に温かみを感じる作品が数多くあります。玉野勢三作ブロンズ彫刻の買取なら日晃堂におまかせください。

象牙透彫天球大香炉 大清乾隆をお買取りしました。
象牙透彫天球大香炉
象牙彫刻/出張買取

家にあるものを整理しようと買取のお願いをしました。その中でも一番価格が付いたのが、象牙でできた彫刻で、夫が大事にしていたものでした。置物としても立派ですし、夫が大事にしていたものという事で売るには少し寂しいなという気持ちもあったのですが、査定に来てくださった方が親身になって話を聞いて下さり売る決心がつきました。

秋田県湯沢市 80代女性

西洋骨董査定士

鑑定士より

透彫は彫刻の技法一種で、象牙をはじめ、木材や貝などの材質の物に模様を掘り起こす事を言います。今回お買取りさせていただいた象牙透彫天球大香炉は、彫刻としてはもちろんのこと、象牙としても非常に立派なものでした。やや欠けやニュウは見られるものの高額にて買取させていただきました。

彫刻とは?彫刻の定義

彫刻とは、文字通り「彫って刻むこと」を通じて作成する美術作品のことです。木材や石、各種の金属などの素材を使い、立体的(三次元的)な作品として仕上げます。
作り方としては、ノミや彫刻刀を使って素材を直接彫っていく方法のほか、銅像のようにあらかじめ作った型に金属を流し込んで成型する方法などもあります。

絵画と並び、紀元前に起源を持つ古い芸術であり、単純な観賞用の作品としてだけでなく、宗教的な意味合いを持つ作品も多く作られています。また、東京・上野公園の西郷隆盛像のように、偉人の功績をたたえるために作られるものもあります。 美術的な価値が高いもののほかに、象牙や珊瑚といった素材そのものに価値がある彫刻作品もあります。

彫刻の概要
西洋の彫刻
西洋の彫刻

彫刻は数十万年の歴史を持つ美術作品です。ヨーロッパでは紀元前5世紀以前から、ギリシャにおいて「ミロのヴィーナス」に代表される神話の神々をかたどった彫刻作品が盛んに製造されています。
その後、偶像(神の像)の崇拝を禁じるキリスト教が広まったことでギリシャ彫刻の技術や様式は忘れ去られていきましたが、15世紀にルネサンス(文芸復興)が盛んになって復活。19世紀にはフランスでオーギュスト・ロダンが「近代彫刻」を生み出し、以後は芸術性の高い彫刻作品が数多く作られるようになりました。

日本の彫刻
日本の彫刻

日本では、縄文土器の時代から彫刻の文化がありましたが、ギリシャ彫刻の流れをくむ西洋の彫刻に対して、日本の彫刻は仏教の伝来とともに発達していった歴史があります。
飛鳥時代から平安時代にかけて木彫りの仏像が数多く作られ、鎌倉時代には運慶・快慶の「金剛力士像」など歴史に残る作品が生み出されました。その後、江戸時代にかけてさらに発達し、おびただしい動物彫刻が施された日光東照宮をはじめ、建築にも導入されるようになりました。 そんな日本の彫刻は、明治に入って西洋彫刻の概念がもたらされることでさらに発達することになります。

彫刻の種類
偶像
偶像

「偶」という字は「人型(ひとがた)」を意味しており、広い意味では「偶像=人物像」となります。 一方、狭義には、偶像は「宗教的な意味を持つ神仏をかたどった彫刻」を指します。ギリシャ神話の神々をかたどったギリシャ彫刻、キリスト教のマリア像、東洋の仏像などさまざまなものがあります。それらの像は崇拝の対象として、神殿や教会、寺院などに設置されました。

人物肖像
人物肖像

人物の顔かたちを忠実に再現して残す「肖像」は絵画の分野でも長い歴史を持っていますが、彫刻においても古代エジプトの時代から続く歴史があります。エジプトの王をかたどったもの、また古代ローマにおいて皇帝の姿をかたどったものなどが作られており、記念碑として建てられる銅像に受け継がれています。 日本でも鎌倉時代に作られた「源頼朝像」をはじめ、人物肖像の作品が少なくありません。

動物彫刻
動物彫刻

動物をかたどった彫刻作品は古来、東洋と西洋の区別なく世界中で作られてきた歴史があります。たとえば自然を崇拝するアニミズムという考え方を持っていた縄文時代の人々は、人物像とともに動物彫刻を多数作っています。その後、動物彫刻は美術作品として制作されるようになっていきました。東洋では、置物のほか動物彫刻を装飾とした香炉や文鎮なども作られるようになり、現在に至ります。

抽象彫刻
抽象彫刻

抽象彫刻は「抽象美術」の分野に含まれるもの。人物や動物、あるいは人物に似せた神仏などの具体的な姿をかたどった彫刻とは違い、彫刻家の感性をもとに形や模様を作り、仕上げるものを指します。石や土に抽象的な模様を彫りつける原始的な彫刻が起源であると考えられます。 一方、20世紀に入ってから洗練された抽象美術が発達すると、彫刻の分野でも優れた作品が数多く作られるようになりました。

概要
どのような彫刻でもお気軽にご相談ください

ブロンズ像や象牙の彫刻ならお気軽にご相談ください。
どのような彫刻でも、長年多くの彫刻を査定してきた日晃堂の査定士がしっかりと査定させていただきます。査定の結果、高額な価値の彫刻は相応のお値段でお買取させていただきます。人物肖像や抽象彫像、作家作品など彫刻の種類は問いません。 どのような彫刻でも査定料や訪問料などは一切いただきませんので、ご売却をお考えの珊瑚がございましたらお気軽にご相談ください。

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ