【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはこちらよりご確認ください。

佐藤忠良(さとうちゅうりょう)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

佐藤忠良
1912年 - 2011年
彫刻買取

佐藤忠良(さとうちゅうりょう)1912年–2011年

佐藤忠良は、昭和初期から平成にかけて活躍した彫刻家です。
女性像を得意としており、ふとした瞬間に女性が見せるイキイキとした表情や体の動きなどをきめ細かに表現しました。各地の公園や美術館に所蔵されている作品も多く、いずれも高い価値を誇ります。 なお、豊かな芸術性を発揮する一方、自らを一貫して“職人”と称していたのも特徴で、生前は栄典をことごとく辞退。日本芸術院会員や文化功労者の候補となりましたが、生涯を通じて一介の彫刻家として活動しました。

佐藤忠良の詳細を見る

女性のイキイキとした姿を活写した彫刻家

1912年、佐藤忠良は宮城県に生まれました。
川端玉章が創設した川端画学校で学んだあと、1934年に東京美術学校(現在の東京藝術大学)に進み、彫刻科で学びます。卒業後は新進気鋭の彫刻家として活動を開始しますが、戦時中は出征を余儀なくされ、戦争末期にはシベリア抑留を経験します。

戦後は、1954年の第1回現代美術展で佳作に選ばれたことを皮切りに、1960年に高村光太郎賞を受賞するなど優れた彫刻家として活躍。1970年代には毎日芸術賞や芸術選奨文部大臣賞、中原悌二郎賞などを矢継ぎ早に受賞し、日本を代表する彫刻家のひとりとなりました。 また1966年荒は東京造形大学の教授に就任するなどして、後進の指導にもあたりました。 そして2011年、老衰にて死去。98歳で大往生を遂げました。

佐藤忠良の代表作

  • 「緑の風」

    後ろで束ねた髪の先をもてあそびつつ、涼風に吹かれて立っている女性の姿をかたどった裸婦像です。宮城県仙台市の台原森林公園に設置されています。緑豊かな公園内で風に吹かれて気持ちよさげにたたずんでいる女性の姿が、比類なき爽やかさで表現されています。 忠良自身、「若くて健康な女性」の表現を試みたと述懐しています。

  • 「ボタン」

    滋賀県守山市の佐川美術館に所蔵されている作品です。雨合羽のボタンを留めようとしている女性の姿を表現しています。 佐藤忠良は、ふとした瞬間に垣間見られる“一瞬の表情”を写し取ることに優れた資質をあらわした彫刻家ですが、この作品でも女性の細やかな手つきと、ボタンを留めることに集中する表情を見事に表現しています。

  • 「帽子・夏」

    上の作品と同じく、佐川美術館に所蔵されている作品です。つばの広い帽子で顔の表情を隠している女性の姿を表現しています。女性の美しいボディラインを繊細に表現している一方、顔が隠れているのでどこか謎めいた雰囲気を放っており、独特の存在感を示しています。

出張買取30%UP

対象外商品:古銭(貨幣)、金属製品
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※他のキャンペーンと併用不可です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

買取専門のオペレーターがご対応します

0120-961-491

受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始除く)

※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

はじめての方でも安心してご利用いただけます

日晃堂で骨董品を売るのはとてもカンタンです

  • 1.連絡・持ち込み

    Webフォーム、電話、持ち込みなどお気軽にご連絡ください。
  • 2.ご訪問・査定

    全国どこでもお伺いします。宅配・店頭買取もお気軽にご利用ください。
  • 3.成立・お支払い

    査定価格にご納得いただけた場合はその場で現金で買取価格をお支払いします。

買取方法~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。