【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはこちらよりご確認ください。

竹内久一(たけうちきゅういち/ひさかず)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

竹内久一
1857年 - 1916年
彫刻買取

竹内久一(たけうちきゅういち/ひさかず)1857年–1916年

竹内久一は、明治から大正にかけて活躍した彫刻家です。
急速に近代化が進む明治の世にあって、久一は古来の伝統を受け継ぎつつ近代日本らしい新しさを盛り込んだダイナミックな彫刻作品を多く手がけました。生前は国内外の展覧会や博覧会に作品を出品して高い評価を得たほか、東京美術学校(現在の東京藝術大学)で教鞭をとるなど後進の指導にもあたりました。そんな久一の作品は、現代においても高い価値を誇ります。

竹内久一の詳細を見る

威風堂々の作品を生み出した明治を代表する彫刻家

江戸時代末期の1857年、竹内久一は江戸の浅草で生まれました。
生家は代々ちょうちんを商っていましたが、父の善次郎は「竹内田蝶」の名で浮世絵師としても活躍しており、久一は幼少の頃から伝統的な芸術に触れて育ちます。 そんな中、久一はいつしか彫刻に興味を持つようになります。 年号が明治と改まり、江戸が東京と改称されて2年目の1869年、象牙彫刻家の堀内龍仙に弟子入りします。龍仙の死後は、道具屋を営みながら彫刻を学び、実力をつけていきます。 1880年頃、依頼を受けて、せんべい屋の店先に飾る虎の木彫りの像を制作。その完成度の高さが評判を呼び、新進気鋭の彫刻家として認められるようになります。

その後は、象牙彫刻で高い評価を得るかたわら、古美術の研究に没頭。特に奈良時代の美術作品に感銘を受け、正倉院の宝物を研究します。 また、岡倉天心と出会い、意気投合して東京美術学校(現在の東京藝術大学)創設に関わり、1889年に彫刻科の教師を始めます。そして翌年、内国勧業博覧会に出品した「神武天皇立像」が大きな評判を呼び、当時の日本を代表する彫刻家のひとりとなります。 以後は、内国勧業博覧会や海外で開催される万国博覧会に作品を発表。さらにさまざまなところから依頼を受け、作品の制作に没頭します。 晩年は文展の審査員を務めるなどして、近代彫刻の発展に寄与。死去する1916年には、長きにわたる功績が認められて勲四等瑞宝章を受章しています。

竹内久一の代表作

  • 「神武天皇立像」

    日本神話に登場する伝説の初代天皇・神武天皇をかたどった木像です。 たくましい体躯に古代の服を身につけ、右手を腰に当ててまっすぐ屹立する堂々たる姿を表現しています。 竹内久一らしいダイナミズムを感じさせる傑作です。 この作品は現在、東京藝術大学の大学美術館に所蔵されています。

  • 「戦勝観世音菩薩像」

    現在、静岡県掛川市の富士見台霊園に設置されている菩薩像です。日露戦争に勝利を収め、国中が歓喜の中にあった1907年、久一は掛川市の婦人会の依頼を受けてこれを制作しました。 名前は勇ましい印象があるこちらの作品ですが、その表情は深い慈愛に満ちたものとなっています。久一は戦死者の冥福を祈るための像を作って欲しいと依頼され、独特の深みのある表情をたたえた菩薩像を完成させました。

出張買取30%UP

対象外商品:古銭(貨幣)、金属製品
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※他のキャンペーンと併用不可です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

買取専門のオペレーターがご対応します

0120-961-491

受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始除く)

※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

はじめての方でも安心してご利用いただけます

日晃堂で骨董品を売るのはとてもカンタンです

  • 1.連絡・持ち込み

    Webフォーム、電話、持ち込みなどお気軽にご連絡ください。
  • 2.ご訪問・査定

    全国どこでもお伺いします。宅配・店頭買取もお気軽にご利用ください。
  • 3.成立・お支払い

    査定価格にご納得いただけた場合はその場で現金で買取価格をお支払いします。

買取方法~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。