【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはこちらよりご確認ください。

マチュラン・モロー(Mathurin Moreau)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

マチュラン・モロー
1822年 – 1912年
彫刻買取

マチュラン・モロー(Mathurin Moreau)1822年 – 1912年

マチュラン・モローは主に19世紀のフランスで活躍した彫刻家です。
父や祖父が著名な彫刻家として知られており、マチュランの弟であるイポリットやオーギュストも彫刻家として活躍しました。 マチュランは特にモニュメント(記念碑など)に関わる彫刻を得意としており、代表作のひとつである「ゼノブ・グラムのモニュメント」のほか、百年戦争の時代にフランスを救った少女ジャンヌ・ダルクの記念碑なども手がけています。その作品は現在でも有名な美術館の所蔵作品として、あるいはパブリックアートとして見ることができ、多くの人に親しまれています。

マチュラン・モローの詳細を見る

モニュメント制作を得意とした19世紀フランスの彫刻家

1822年、マチュラン・モローはフランス東部の都市ディジョンで生まれました。 父や母方の祖父が彫刻家として活躍していたこともあり、若くして彫刻家の道を志し、1841年にパリの美術学校であるエコール・デ・ボザールに入学。彫刻家のジュール・ラメらに学びます。 在学中には豊かな才能を発揮し、1842年には若手芸術家の登竜門といわれるローマ賞の彫刻部門に応募。惜しくも1位は逃したものの2位となり、話題を呼びます。

新進気鋭の彫刻家として知られるようになったマチュラン・モローは1848年、フランス芸術家協会の展覧会に作品を発表し、本格的なデビューを飾ります。 以後は第一線で活躍する実力派の彫刻家として、数々の作品を発表。1878年には、パリ万博に際して地球の6大陸をあらわす6つの像のうち「オセアニア」を担当し、高い評価を得ました。 1865年にはレジオン・ドヌール・シュヴァリエ勲章を、さらに1885年にはレジオン・ドヌール・オフィシエ勲章をそれぞれ受賞し、フランスを代表する彫刻家のひとりとなりました。

マチュラン・モローの代表作

  • 「オセアニア」

    フランスの首都パリにあるオルセー美術館に展示されている作品です。 1878年、パリで万国博覧会が開かれた際、当時のフランスを代表する彫刻家たちがそれぞれヨーロッパやアジア、アフリカ、北アメリカ、南アメリカといった大陸をあらわす像を制作しましたが、そのうちマチュラン・モローはオセアニア(オーストラリア大陸とその周辺)を担当しました。オセアニアの原住民の少女をかたどった像で、凛とした表情や躍動感あふれるフォルムが印象に残ります。

  • 「ゼノブ・グラムのモニュメント」

    パリ工芸博物館の前に設置されている作品で、発明家のゼノブ・グラムの記念碑として制作されました。ゼノブ・グラムが自らの発明品を手にして厳しい表情を浮かべている姿が表現されています。電気関係でめざましい発明をしたグラムの偉大な姿が堂々たるフォルムで仕上げられた力作です。

出張買取30%UP

対象外商品:古銭(貨幣)、金属製品
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※他のキャンペーンと併用不可です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

買取専門のオペレーターがご対応します

0120-961-491

受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始除く)

※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

はじめての方でも安心してご利用いただけます

日晃堂で骨董品を売るのはとてもカンタンです

  • 1.連絡・持ち込み

    Webフォーム、電話、持ち込みなどお気軽にご連絡ください。
  • 2.ご訪問・査定

    全国どこでもお伺いします。宅配・店頭買取もお気軽にご利用ください。
  • 3.成立・お支払い

    査定価格にご納得いただけた場合はその場で現金で買取価格をお支払いします。

買取方法~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。