【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはこちらよりご確認ください。

建畠覚造(たてはたかくぞう)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

建畠覚造
1919年 - 2006年
彫刻買取

建畠覚造(たてはたかくぞう)1919年–2006年

建畠覚造は昭和から平成にかけて活躍した彫刻家であり、特に戦後の現代日本における抽象彫刻の第一人者として知られています。その作品はいずれも高い評価を得ており、その生涯を通じて高村光太郎賞や中原悌二郎賞、芸術選奨文部大臣賞などさまざまな賞を獲得しています。また日本各地にパブリックアートが設置されており、その作品は多くの人に親しまれています。

建畠覚造の詳細を見る

現代日本の抽象彫刻の大家

1919年、建畠覚造は東京都に生まれました。
父は写実性に優れた彫刻を手がけることで有名な彫刻家・建畠大夢であり、覚造もまた若年の頃から彫刻を学びます。

しかし、父が写実主義のもとで彫刻を制作していたのとは異なり、いつしか抽象彫刻に興味を持つようになります。1941年に東京美術学校(現在の東京藝術大学)を卒業後は文展で特選に選ばれるなどしてその名を知られるようになり、1950年代前半にヨーロッパに渡ります。フランスで現代彫刻を学びつつ、当地の展覧会に作品を発表。海外でもその名を知られるようになっていきます。

帰国後は、フランスで取り入れた知識や技術も盛り込んだ前衛的な抽象彫刻を推進。さまざまな素材を使い、多様な世界観を表現する作品を発表していきます。 1962年には多摩美術大学彫刻科の助教授に就任。のちに教授となり、精力的に彫刻を制作するかたわら後進の指導にもあたります。 1967年に、「壁体」で高村光太郎賞を受賞。また1981年に「CLOUD 4(大)」という作品で中原悌二郎賞を受賞し、ますますその名を高めました。 1986年には武蔵野美術大学の客員教授に就任。また1990年には芸術選奨文部大臣賞を受賞。なおも盛んに創作活動を続けます。芸術選奨文部大臣賞受賞の2年後には、主な作品を収録した「建畠覚造作品集」も刊行されています。 こうしてその生涯に渡って高い評価を得てきた建畠覚造は、亡くなる前年の2005年には文化功労者に選ばれます。戦後日本の現代彫刻を語るうえで、欠かすことのできない重要な彫刻家といえます。

建畠覚造の代表作

  • 「Waving Figure」

    埼玉県川口市のJR川口駅西口に設置されている作品です。直線と波線で表現された立方体の形の抽象彫刻で、見る角度によってさまざまな姿を見せるのが特徴として挙げられます。 時間の経過とともに移り変わっていく世界の様相を表現したものといわれています。

  • 「瑞徴」

    東京・日本橋の三菱東京UFJ銀行の敷地内に設置されている作品です。 複雑に組み合わさった直線で構成された抽象作品で、見る人に不思議な安定感を感じさせるのが特徴として挙げられます。

出張買取30%UP

対象外商品:古銭(貨幣)、金属製品
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※他のキャンペーンと併用不可です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

買取専門のオペレーターがご対応します

0120-961-491

受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始除く)

※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

はじめての方でも安心してご利用いただけます

日晃堂で骨董品を売るのはとてもカンタンです

  • 1.連絡・持ち込み

    Webフォーム、電話、持ち込みなどお気軽にご連絡ください。
  • 2.ご訪問・査定

    全国どこでもお伺いします。宅配・店頭買取もお気軽にご利用ください。
  • 3.成立・お支払い

    査定価格にご納得いただけた場合はその場で現金で買取価格をお支払いします。

買取方法~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。