【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはこちらよりご確認ください。

富永直樹(とみながなおき)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

富永直樹
1913年 - 2006年
彫刻買取

富永直樹(とみながなおき)1913年–2006年

富永直樹は、昭和から平成にかけて活躍した彫刻家です。
デザイン性に優れた美しい彫刻作品を多数手がけており、現在でも多くのファンを獲得しています。 彫刻家として優れた作品を世に送り出すかたわら、三洋電機に勤める産業デザイナーとしても活躍。フック式の黒電話の傑作といわれる「黒電話4号機」のデザインを担当するなどしています。 日展理事や理事長を歴任し、さらに文化勲章を授与されるなど高く評価されており、その彫刻作品はいずれも高い価値を誇ります。

富永直樹の詳細を見る

優れたデザイナーとしても活躍した彫刻家

1913年、富永直樹は長崎県に生まれました。 彫刻家を志して東京美術学校(現在の東京藝術大学)に進み、教師であった北村西望に師事。在学中からその才能を発揮し、文展に発表した「F子の首」で入選を果たします。

その後は文展、日展で活躍。特に戦後の活躍は目覚ましく、1950年から3年連続で特選に選ばれるなどして日本を代表する彫刻家のひとりとなります。 ちなみにこの頃、三洋電機のデザイナーとして「黒電話4号機」のデザインに携わっています。

その後、1953年には日展審査員を務め、翌年には日展会員となります。さらに作品の制作を続け、1968年には代表作のひとつである「平和の叫び」を発表して文部大臣賞を受賞しています。 また、日展と並行して日本彫塑家倶楽部(のちの日本彫刻会)でも作品を発表しており、1972年には会の理事を務め、さらに1986年には理事長に就任しています。 多年の実績が認められ、1984年には文化功労者となり、1989年には文化勲章を受章しています。 死後も人気は衰えず、2014年には生誕100年記念の展覧会が催されるなどして、現在も新しいファンを獲得し続けています。

富永直樹の代表作

  • 「少年平和像(原爆子供記念碑)」

    長崎県長崎市の城山小学校の敷地内に設置されている少年の像です。少年は決然とした表情で大地を踏みしめ、左手には平和の象徴である鳩がとまっています。 城山小学校は太平洋戦争末期の原爆投下による甚大な被害を受けた場所であり、戦後、犠牲になった人たちの慰霊のために像の制作が決まり、長崎出身の富永直樹が担当しました。 平和へのひたむきな願いと少年の純真無垢な心が見事に表現された傑作です。

  • 「塗る男」

    富永直樹はデザイン性に富んだ彫刻作品で知られると同時に、人々が生活の中で垣間見せる一瞬の表情を切り取ることに長けた彫刻家でもありました。 この作品は、塗装業の労働者がサスペンダーを直している姿を表現したもので、素朴な表情やこまやかな手つきを生き生きと再現しています。富永直樹が市井の人々に向けたあたたかい眼差しと鋭い洞察力を感じさせる作品です。 現在、長崎県美術館に所蔵されています。

出張買取30%UP

対象外商品:古銭(貨幣)、金属製品
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※他のキャンペーンと併用不可です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

買取専門のオペレーターがご対応します

0120-961-491

受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始除く)

※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

はじめての方でも安心してご利用いただけます

日晃堂で骨董品を売るのはとてもカンタンです

  • 1.連絡・持ち込み

    Webフォーム、電話、持ち込みなどお気軽にご連絡ください。
  • 2.ご訪問・査定

    全国どこでもお伺いします。宅配・店頭買取もお気軽にご利用ください。
  • 3.成立・お支払い

    査定価格にご納得いただけた場合はその場で現金で買取価格をお支払いします。

買取方法~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。