花瓶買取ならば様々な花瓶の実績豊富な日晃堂へお任せください!

TOP

花瓶買取
骨董品に関することなら
お気軽にお問合せください。
【出張・宅配買取の申込み】【無料査定依頼】【その他ご相談】など、骨董品に関することであれば、どのようなことでもお気軽にお電話、またはメールでお問合せください。
急ぎの方はお電話で

受付時間9:00~20:00(年中無休 年末年始除く)

※電話番号を押すと電話をかけることができます。

お気軽にメールでお申込み(24時間受付)
初めてのお客様買取10%アップ

日晃堂は花瓶に力を入れています

買取に力を入れています

花を挿し飾る、という事は古来より世界中で親しまれてきました。花瓶は花をより良く見せるようにデザインされていて、花瓶の外見や良し悪しによって、中に挿される花の印象がガラっと変わることもあります。

花瓶は茶道具の花入としても使われ、花入は茶の間の中でも掛軸に次ぐ二番目に重要な道具とされています。
北欧で作られたブランド食器のフラワーベースなどはインテリアにこだわる女性からの人気がありますし、「エミール・ガレ」や「ドーム・ナンシー」などのアンティーク調の花瓶も人気ですね。アンティーク調の花瓶の中には、宝飾品として使われることもあります。

日晃堂では経験豊富な鑑定士が、どんな花瓶であっても正しく鑑定士、お客様に適切なお値段を提示致します。花瓶の買取ならばお任せ下さい。

買取の流れや詳細を知りたいお客様はこちらをご覧ください!

日晃堂でお買取した花瓶を一部ご紹介いたします!

  • ドーム・ナンシー 花瓶

    出張買取

    ドーム・ナンシー 花瓶

    東京都世田谷区 50代女性

    エミール・ガレと並ぶフランスのガラス工芸家、ドーム兄弟の花瓶をお買取しました。アール・デコやアール・ヌーヴォー時代の物が好きな人にはたまらない魅力を秘めた花瓶です。ドーム兄弟と言えばやはり風景画ですね。元々は兄弟の父であるジャン・ドームがガラス工場の経営をしていた事から、ドーム兄弟はそこでガラス製作の技術を磨き多くの博覧会で賞を取るに至ったそうです。

  • 十四代 酒井田柿右衛門作 花瓶

    出張買取

    十四代 酒井田柿右衛門作 花瓶

    東京都足立区 50代女性

    十四代酒井田柿右衛門と言えば人間国宝にも認定された日本が誇る陶芸家です。 酒井田柿右衛門は17世紀前半から続く陶芸家の一族です。初代の作風は柿右衛門様式と呼ばれ海外の食器ブランドにも強い影響を与えたほど。柿右衛門の作品は買取市場でも特に人気があります。十四代目の「余白の美」の美しい花瓶を共箱も査定に込めて、お客様ご納得の高額査定で買取致しました。

  • 純銀製 花瓶

    出張買取

    純銀製 花瓶

    大阪府吹田市 50代女性

    花瓶は切花を挿す目的で作られた物ですが、その材質は多様性に富みます。一般的には磁器や金属・陶器・ガラスなどが多いですが、その中でも純銀は最高級の素材です。いぶし加工により黒く仕上げられた見事な銀の花瓶ですね。純銀の物になりますと、デザイン的な価値はもちろんですが、銀自体にも価値があり高額での取引が期待できます。こちらの花瓶も重量があった為、花瓶の中でもかなりの高額でのお買取となりました。

  • マイセンクリスタル フラワーベース

    宅配買取

    マイセンクリスタル フラワーベース

    静岡県静岡市 20代女性

    今回は食器からのご依頼で宅配にてお譲りいただいたマイセンクリスタルのフラワーベースです。 ブランド食器は人気のシリーズや新品未使用、箱付きのお品は査定額アップにてお買取いたします。 マイセンをはじめバカラ、ボヘミアクリスタル、オールドノリタケ、大倉陶園など幅広く査定しておりますのでご売却をお考えでしたらお気軽にお問合わせ下さい。

  • 高橋楽斎 信楽焼 四方耳付 花入

    出張買取

    高橋楽斎 信楽焼 四方耳付 花入

    東京都葛飾区 30代男性

    信楽焼の名工、三代高橋楽斎の花入です。こちらは四代楽斎極め箱入りのお品です。楽斎さんの陶印である「ら」の銘も入っていますね。 日本六古窯の1つで高橋楽斎は桃山時代以前の古伊賀の茶陶で知られています。 信楽焼の巨匠、楽斎窯(三代高橋楽斎)直方窯(四代上田直方) の作品は高価買取いたします。

  • 清代 乾隆窯 青磁花瓶

    出張買取

    清代 乾隆窯 青磁花瓶

    都府京都市 50代男性

    中国清代の景徳鎮の官窯、乾隆窯(けんりゅうよう)の青磁花瓶をお買取しました!中国・朝鮮の古陶磁を収集されていたお父様から譲り受けたお品だそうで今回、ご売却いただきました。 日晃堂では元〜明時代にかけて龍泉窯で作られた天竜寺青磁、七官青磁また高麗時代(918~1392年)の青磁、いわゆる高麗青磁も高価買取いたします。

  • 金城次郎 壷屋焼 魚文花瓶

    出張買取

    金城次郎 壷屋焼 魚文花瓶

    岐阜県岐阜市 40代女性

    沖縄の名陶工といえば金城次郎。新垣栄三郎、小橋川永昌とともに「壺屋三人男」と称された壷屋焼の花瓶をお買取。 人間国宝である金城次郎の作品は線彫り技法で躍動感溢れる作品が魅力ですね。 希少なお品をご売却いただき有難うございました。 備前焼、九谷焼、有田焼なども高価買取中です。ぜひお売り下さい。

  • 安藤七宝店 有線七宝菊花繚乱図 花瓶

    出張買取

    安藤七宝店 有線七宝菊花繚乱図 花瓶

    兵庫県神戸市 50代男性

    1880年創業、宮内庁御用達の七宝焼の名店、安藤七宝店。有線七宝の技法で作られた花瓶です。その名のとおり宝石のような美しさ、鮮やかな色彩に魅了されますね。繊細な菊花文がまるで絵画のようで見事な七宝細工で表現されています。底部には純銀製の覆輪があります。 日本の伝統工芸である尾張七宝、京都七宝など高価買取いたします。

→
←
骨董品に関することなら
お気軽にお問合せください。
【出張・宅配買取の申込み】【無料査定依頼】【その他ご相談】など、骨董品に関することであれば、どのようなことでもお気軽にお電話、またはメールでお問合せください。
急ぎの方はお電話で

受付時間9:00~20:00(年中無休 年末年始除く)

※電話番号を押すと電話をかけることができます。

お気軽にメールでお申込み(24時間受付)
初めてのお客様買取10%アップ

作家について

エミール・ガレ

ガレの活動展開
一家が新居であるレンヌに移った1873年を機に陶器用の倉庫と加飾アトリエが建てられました。
1885年には焼成窯もでき、加飾アトリエは新装されそこからパリ万博のためのガラス工芸が出品されるようになります。
さらにレンヌの土地の近くに30ヘクタールの土地を購入、1892年には20ヘクタールの土地を購入し、木工品や家具製作などの環境も整え製作面において発展させていきました。

動植物だけではないガレの世界
植物や動物をガレはこよなく愛し、それはガレの作品として様々な姿形で現代にも残っています。
また、それとも別にガレは「地質学」についても目を向けていました。鉱物についても長けていましたので、もちろん関連の作品も残されています。地質学のテーマは15年もの間取り扱っており、1903年に制作された花瓶は見事なまでに鉱物の特徴が活かされてる作品が制作されました。
ガラスの表面をファセット・カッティングし、独特の幾何学的な造形を生み出しガラスという素材で見事なまでの鉱物を表現しています。

ドーム

ドーム兄弟の歴史
19世紀後半から20世紀前半にかけて活躍したオーギュストとアントナンは有名なガラス工芸家です。
ガラス工芸メーカーの一族として生まれ育った彼らは「ドーム兄弟」としての呼び名が定着しており、そちらの方がわかる方が多いかもしれません。
ロレーヌ地方のビチュに生まれた彼らは普仏戦争後の1872年にドイツ帝国の占領から逃れるためナンシーへと移住します。父親の仕事を手伝い、パリ万博ではテーブルウェアを出品するなど制作を重ね、リヨン博覧会、ブリュッセル万国博覧会では金賞を取ります。
その後も度々賞を取り1914年に第一次世界大戦の影響によって一時的に制作活動ができなくなるも、1919年には再び制作活動を再開しクリスタルを使った造形なども行っていきました。

ドーム兄弟の特徴
ドーム兄弟のガラス工芸の特徴には何といってもその色彩が上げられます。
ドーム兄弟の初期の作品にはエナメル彩色の作品が数多く見られますが。1910年の頃になるとヴィトリフィカシオン(熱されたガラスの素地に色ガラスの粉をまぶし、再度炉へ入れ馴染ませることで着彩する技法。比較的容易に複数の色を混ざり合わせる事ができる。)を多用した作品をつくりました。
また、アンテルカレールという技法も用いており、これは透明のガラスの層の間に色ガラスによって作られた文様を挟み、表面から彫刻をすることで文様が重なってるように見えるという技法で、このアンテルカレールはドーム兄弟が特許を取っているものです。

ミュラー

ミュラー兄弟の歴史
ミュラー兄弟はガラスの都とも呼べるペイ・ド・ビッチュにて生まれ育ちました。ガラス工場が身近にあり、兄弟はそれぞれ芸術家、ガラス職人、科学者への道を歩むことになります。
しかし、彼らが住むドイツ領は男子が17歳の年になると兵役の義務があるため、ガレの活躍した土地で知られるナンシーへと向かうことになります。兄弟たちはそこでガレやドーム、バカラなどの有名なガラス工房で働きアンリ、デジレ、ユージーンの3人に至ってはガレの元でガラスについて学びミュラー兄弟として名を馳せる1歩を踏み出します。
ガラス製品の流通を目指してミュラー兄弟は起業し、他社にも引けを取らない技法でガラス製品を世に出し、展覧会でも金賞など様々な賞を受賞していきました。

ミュラー兄弟の特徴
ミュラー兄弟はくもりガラスのオブジェクト制作技術に長けており、中でもミュラー兄弟のパート・ド・ベールというガラスの制作技法は特出したもので他社の製品とは簡単に見分ける事が出来るほどオリジナリティの高いものでした。
パート・ド・ベールとは、耐火性がある型を用いて、ガラスの粒子をその型に詰めて熱し、ガラスの器物を作る成型方法の事を指します。
また、素材の使い方により文様や色、透明度など自由に調整することができ、ミュラー兄弟はこの技法に主力を置いていたのです。また、彼らのくもりガラスの技法は2つの層になっているガラス間に顔料の層と閉じ込めるという事を可能にし、数多くの芸術的なガラス工芸品を生み出していきました。

酒井田柿右衛門

酒井田柿右衛門の歴史
酒井田柿右衛門の歴史は慶長まで遡ります。柿右衛門の父親である円西も意欲的に陶芸の制作を嗜んでおり、朝鮮陶工の李参平に陶磁器に向いたいい陶土があると知り、現在の佐賀県西松浦郡有田町へと移り住みます。
そこで円西と息子の柿右衛門(本名:喜三右衛門)は陶器や磁器、染付や白地の制作を行い、後に息子の柿右衛門が赤絵磁器の焼成に歴史上初めて成功しました。そこから喜三右衛門は柿右衛門と名乗るようになりました。
また、柿右衛門の作品はヨーロッパにも輸出され世界へと広がり、マイセンの窯では模倣作品まで作られるようになりました。さらにその影響は磁器発祥の国でもある中国にも及び、そこでもまた模倣作が制作され、その模倣作もまたヨーロッパへ輸出されたそうです。

酒井田柿右衛門の特徴
酒井田柿右衛門といえば赤絵付けがまず初めに思い浮かびます。発色の綺麗な柿右衛門の作品は見ているだけで心奪われるものがありますが、陶器自体にも大きな特徴を持っています。
その特徴が「濁手素地」と呼ばれる乳白色の素地で、これが柿右衛門様式の赤絵をより一層際立たせているのです。しかし1700年代の江戸中期になると金襴手様式が主流になり、さらには江戸幕府による国内情勢の変化など様々な理由が重なってしまい濁手の作成は中断せざるを得なくなってしまいます。
長い時を経て、酒井田柿右衛門十三代目の代で古書を元に濁手の技術を復活させることに成功し、濁手は無形文化財に指定されることとなりました。

お客様の声

  • 中国唐物 海鼠釉 花瓶
    唐物|出張買取|静岡県袋井市 30代女性

    祖母の遺品の整理を手伝って頂いてありがとうございました。茶道具がたくさんあってどうしようかと困っていたので助かりました!裕福な人ではなかったのでやっぱり価値のないものも多かったですけど、花入がいい値段になったので良かったです!

  • 十三代今泉今右衛門 色絵薄墨草花文花瓶
    今泉今右衛門|出張買取|福岡県筑紫野市 40代女性

    昔、父が高いお金を出して買ってきて母と喧嘩になっていた想いのである花瓶でした(笑) その時はまだ小さかったので知りませんでしたが、父が亡くなった後、有名な作家さんの物だと知ってこの度買取ってもらうことにしました。このお金で母と旅行でもして父の思い出話に花を咲かせようと思います。

  • 海鼠釉花瓶
    唐物|宅配買取|愛知県みよし市 30代男性

    どの店がいいかネットで色々と探しましたが、やっぱり口コミが一番信用できるかなと思って、他のサイトで紹介されていた日晃堂に決めました。鑑定に自信あり!と書かれていただけあって、買取金額も一緒に紹介されていた他のお店よりも高くて満足しています。

  • アンティークミントン 花瓶ペア
    ブランド食器/ミントン|出張買取|千葉県四街道市 70代女性

    ブランドの食器を色々買取していただいた者です。その節はありがとうございました。ミントンのアンティークの花瓶は特にお気に入りで最後まで売ろうかどうか迷いましたが、鑑定士の方の人柄と熱意に惹かれ買取を決めました。 大切にして下さる方のところへ行ってくれることをお祈りしておきます。

ご都合に合わせて選べる買取方法

骨董品に関することなら
お気軽にお問合せください。
【出張・宅配買取の申込み】【無料査定依頼】【その他ご相談】など、骨董品に関することであれば、どのようなことでもお気軽にお電話、またはメールでお問合せください。
急ぎの方はお電話で

受付時間9:00~20:00(年中無休 年末年始除く)

※電話番号を押すと電話をかけることができます。

お気軽にメールでお申込み(24時間受付)
初めてのお客様買取10%アップ

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
信東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

骨董品に関することなら
お気軽にお問合せください。
【出張・宅配買取の申込み】【無料査定依頼】【その他ご相談】など、骨董品に関することであれば、どのようなことでもお気軽にお電話、またはメールでお問合せください。
急ぎの方はお電話で

受付時間9:00~20:00(年中無休 年末年始除く)

※電話番号を押すと電話をかけることができます。

お気軽にメールでお申込み(24時間受付)
初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る