【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはこちらよりご確認ください。

佐藤助雄(さとうすけお)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

※お電話が混雑しており繋がらない場合は、大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

佐藤助雄
1919年 - 1987年
彫刻買取

佐藤助雄(さとうすけお)1919年–1987年

佐藤助雄は、昭和時代に活躍した彫刻家です。
人物像を得意としていた助雄は、リアリスティックな造形の中に誌的な美しさを秘めた情感豊かな作品を多く手がけました。緻密な表現力や気品あふれる仕上がりで高い評価を得ており、その作品は現在でも高い価値を誇ります。

佐藤助雄の詳細を見る

詩情あふれる人物像を得意とした彫刻家

1919年、佐藤助雄は山形県山形市に生まれました。
生家は仏像制作を営んでおり、幼い頃から彫刻に触れていた助雄は、父の仕事を手伝う中で創作意欲を育み、彫刻家を目指すことになります。 1936年に上京。後藤良に師事して才能を開花させ、1939年には日本美術協会展で銅賞を受賞。新進気鋭の彫刻家として認められます。 その頃は木彫りを手がけており、戦前、戦中を通して文展や新文展で活躍。1943年の新文展に出品した「従軍看護婦」は政府買い上げとなりました。

戦後は北村西望などのもとで塑像を学び、こちらの分野でも活躍するようになります。 1950年代には日展で快進撃を開始。1955年、1956年には2年連続で特選を受賞して話題を集めます。そして1950年代の終わりには日展会員となり、1960年代には日展評議員、また1980年代には日展理事や監事などを務めました。

こうして日本の彫刻の発展に尽くすかたわら、ひとりの彫刻家としても精力的な活動を続け、1976年には日展で「地と風」を発表。文部大臣賞を獲得します。また1979年に第3回グループ絆展に出品した「振向く」という作品において、日本芸術院賞を受賞しました。

佐藤助雄の作品は情感豊かで詩情に満ちた仕上がりになっているのが特徴で、その世界観で多くの人を魅了しましたが、その生涯は自殺という形で閉じられることになります。 1987年、鉄道の踏切で轢死を遂げ、悲劇的な最期を迎えました。

佐藤助雄の代表作

  • 「母子像」

    神奈川県秦野市の秦野駅前に設置されている像です。 赤ん坊を抱きあげる母の姿を表現した作品であり、母の気高さや母性の美しさ、そして母の腕の中で躍動する赤ん坊の無垢な美しさが見事に表現されています。

  • 「平和の祈り」

    東京都世田谷区の世田谷公園に設置されている少女像です。布をまとった少女は右手で胸もとを掻き合わせ、左手にはロウソクを立てる燭台を手にしています。前を照らしながら一歩ずつ歩いていこうとするけなげな姿を表現し、“平和への祈り”をあらわしました。

出張買取30%UP

対象外商品:古銭(貨幣)、金属製品
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※他のキャンペーンと併用不可です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

買取専門のオペレーターがご対応します

0120-961-491

受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始除く)

※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

はじめての方でも安心してご利用いただけます

日晃堂で骨董品を売るのはとてもカンタンです

  • 1.連絡・持ち込み

    Webフォーム、電話、持ち込みなどお気軽にご連絡ください。
  • 2.ご訪問・査定

    全国どこでもお伺いします。宅配・店頭買取もお気軽にご利用ください。
  • 3.成立・お支払い

    査定価格にご納得いただけた場合はその場で現金で買取価格をお支払いします。

買取方法~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。