【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはこちらよりご確認ください。

エミール・ピコー(Emile Picault)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

エミール・ピコー
1833年 – 1915年
彫刻買取

エミール・ピコー(Emile Picault)1833年 – 1915年

エミール・ピコーは19世紀から20世紀にかけて活躍したフランスの彫刻家です。
日本ではそれほど知名度が高いわけではありませんが、フランスをはじめとするヨーロッパではその名が広く知られており、有名な美術館に所蔵されている作品も少なくありません。 多産な彫刻家としても知られており、生涯に500以上の作品を手がけたことが明らかになっています。そんなエミール・ピコーの作品は特に海外を中心に現在でも高い価値を誇ります。

エミール・ピコーの詳細を見る

寓話的な世界観の作品を得意としたフランスの彫刻家

1833年、エミール・ピコーはフランスの首都パリで誕生しました。
画家であるアンリ・ロワイエのもとで学び、センスを磨いたエミール・ピコーは30代に突入する頃に若き新進気鋭の彫刻家として名を知られるようになります。 30歳を迎えた1863年から死去する前年の1914年にかけて、パリのサロンを中心に彫刻家として活動。生涯に渡り、実に500以上もの作品を手がけるという多作の彫刻家でした。

フランスの人々になじみの深い歴史上の人物を表現した作品や、寓話的な世界観の作品を多く手がけたことで知られています。前者の代表例としては、百年戦争末期の英雄であるジャンヌ・ダルクや18世紀に活躍した哲学者のヴォルテールを扱った作品が挙げられます。 一方、後者の代表例としては、現在はシャンベリー美術館に所蔵されている代表作の「Le Semeur d'idées」などが挙げられます。 そんな多彩な作品の数々は、同時代の人々に高く評価されています。 また、エミール・ピコーは作品に「E. Picault(E.ピコー)」と署名していることも特徴として挙げられます。

エミール・ピコーの代表作

  • 「Le Semeur d'idées」

    タイトルは、「アイディアの種まき」という意味のフランス語です。現在、フランスのシャンベリー美術館に所蔵されています。寓話的な世界観の作品を得意としたエミール・ピコーらしく、晦渋な作品となっています。 青年の足もとに本があり、青年は片手で種をまくポーズをとっています。 彼はアイディアという名の種をまく超然的な存在なのでしょうか。 いずれにせよ、人体の動きを精緻に表現した手腕は見事なものといえるでしょう。

    そのほか、エミール・ピコーの作品はフランスのトロワ美術館などに所蔵されています。

出張買取30%UP

対象外商品:古銭(貨幣)、金属製品
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※他のキャンペーンと併用不可です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

買取専門のオペレーターがご対応します

0120-961-491

受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始除く)

※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

はじめての方でも安心してご利用いただけます

日晃堂で骨董品を売るのはとてもカンタンです

  • 1.連絡・持ち込み

    Webフォーム、電話、持ち込みなどお気軽にご連絡ください。
  • 2.ご訪問・査定

    全国どこでもお伺いします。宅配・店頭買取もお気軽にご利用ください。
  • 3.成立・お支払い

    査定価格にご納得いただけた場合はその場で現金で買取価格をお支払いします。

買取方法~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。