【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはこちらよりご確認ください。

高村光雲(たかむらこううん)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

高村光雲
1852年 - 1934年
彫刻買取

高村光雲(たかむらこううん)1852年–1934年

高村光雲は、明治・大正・昭和にかけて活躍した彫刻家です。
仏師としてキャリアをスタートさせますが、後に西洋彫刻のエッセンスを取り入れた日本の近代彫刻の確立に尽くします。優れた彫刻家として幾多の作品を世に送り出しているほか、後進の育成にも努め、多くの才能ある彫刻家を育てました。またその作品はシカゴ万博、パリ万博などに出品され、国際的な名声も浮けています。作品の中には国の重要文化財に指定されているものもあり、いずれも高い価値を誇ります。

高村光雲の詳細を見る

日本の近代彫刻を代表する巨匠

江戸時代後期の1852年、高村光雲は現在の東京都台東区で生まれました。
生家は代々の町人でしたが、光雲は商売よりも芸術の道を志し、1863年に仏師・高村東雲に師事。その後、高村家の養子となりました。

仏師としては優れた腕前を持っていたものの、明治初期には仏教を弾圧する廃仏毀釈の運動が盛んになったことで、仕事は激減。さらに、当時は象牙彫刻が流行していたこともあり、光雲はなかなか活躍の機会を得られませんでした。 そんな中、伝統的な木彫りのみでやっていくのは無理だと判断した光雲は西洋の彫刻を積極的に取り入れ、伝統的な日本の木彫り彫刻との融合を模索。やがて日本の近代彫刻を確立させます。

その業績が認められ、1889年には東京美術学校(現在の東京藝術大学)に勤務し、彫刻科の教授に就任。また1893年には代表作のひとつである「老猿」をシカゴ万博に出品して高い評価を受けます。 日本近代彫刻の巨匠として活躍し、また山崎朝雲や後藤貞行、米原雲海などの弟子を育て、彫刻界の発展に寄与しました。

高村光雲の代表作

  • 「老猿」

    東京国立博物館に所蔵されている作品で、国の重要文化財に指定されています。 タイトル通り老いた猿をかたどった木彫りの作品ですが、逞しく雄々しい老練な猿の姿が格調高く表現されているのが特徴です。木に腰かけている老いた猿は、今まさに獰猛な大鷲との格闘を終えたところ。老いてなおパワフルな戦士のような気迫をたたえた表情を、光雲は見事に表現しています。 この作品は1893年のシカゴ万博に出品され、高い評価を得ました。

  • 「西郷隆盛像」

    東京の上野恩賜公園に設置されている偉人・西郷隆盛の像です。 浴衣姿に兵児帯を締め、脇差を1本帯びただけの軽装で、愛犬を連れて兎狩りに向かっている姿を表現しています。貫禄たっぷりの姿で、どことなくチャーミングな要素もあるという西郷隆盛のイメージを定着させた像であり、現在も上野公園を訪れる人々に親しまれています。 ちなみに、西郷が連れている愛犬の「ツン」は、弟子の後藤貞行が手がけています。

出張買取30%UP

対象外商品:古銭(貨幣)、金属製品
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※他のキャンペーンと併用不可です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

買取専門のオペレーターがご対応します

0120-961-491

受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始除く)

※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

はじめての方でも安心してご利用いただけます

日晃堂で骨董品を売るのはとてもカンタンです

  • 1.連絡・持ち込み

    Webフォーム、電話、持ち込みなどお気軽にご連絡ください。
  • 2.ご訪問・査定

    全国どこでもお伺いします。宅配・店頭買取もお気軽にご利用ください。
  • 3.成立・お支払い

    査定価格にご納得いただけた場合はその場で現金で買取価格をお支払いします。

買取方法~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。