ペルシャ絨毯買取なら骨董品買取専門店の日晃堂にお任せ下さい。 クム、イスファハン、カシャーンなど産地を問わずペルシャ絨毯を買取ます!

TOP

ペルシャ絨毯買取

日晃堂はペルシャ絨毯に力を入れています

買取に力を入れています

ペルシャ絨毯は世界的に見ても非常に歴史のある美術工芸品です。 多くの人を虜にし世界中の人から愛されるそのデザイン性や、一点一点全て手織りで同じ物が二つとない事から収集家も多く、アンティークのペルシャ絨毯は驚くほど高額で取引される事も少なくありません。

またペルシャ絨毯は丈夫で耐久性にも優れており、使い込む事で独特の味や深みといったものがでてくるという特徴もあります。その為、ペルシャ絨毯の買取市場では古いものほど良いと言われています。 中でも50年以上経過した絨毯は「オールド」、100年以上経過した絨毯は「アンティーク」とされ、これらのペルシャ絨毯は特に高価なものになります。

日晃堂は骨董買取専門店として、オールドやアンティークのペルシャ絨毯買取にも自信があります。お客様の大切にしておられるペルシャ絨毯、ぜひ当店で査定させて下さい!

買取の流れや詳細を知りたいお客様はこちらをご覧ください!

日晃堂でお買取したペルシャ絨毯を一部ご紹介いたします

  • ペルシャ絨毯 イスファハン産 オールド

    出張買取

    ペルシャ絨毯 イスファハン産 オールド

    東京都文京区 60代男性

    イスファハン産の貴重なオールドのペルシャ絨毯を買取ました。ペルシャ絨毯は丈夫で耐久性に優れているとはいえ、長い年月が経っても綺麗な状態で残っている事は稀です。その為制作されてから100年経過したアンティーク品や、50年経過しているオールドのペルシャ絨毯はとてもに貴重です。 このような素晴らしい作品を日晃堂にご売却下さり誠にありがとうございます。

  • ペルシャ絨毯 クム産 シルク・ウール

    出張買取

    ペルシャ絨毯 クム産 シルク・ウール

    東京都足立区 50代男性

    シルクの綿密な織りが見事な、色彩の鮮やかなクム産のペルシャ絨毯をお買取りしました。クムは日本でも一番と言えるほど人気を誇るペルシャ絨毯の有名産地です。他の有名産地に比べると企画的歴史は浅いですが有名な工房が多く存在します。かつてはウールでの生産を主にしていましたが、現在ではシルクを中心に高級ペルシャ絨毯が生産されています。

  • ペルシャ絨毯 ナイン産

    出張買取

    ペルシャ絨毯 ナイン産

    福井県大野市 60代男性

    福井県大野市にお住いのお客様よりナイン産のペルシャ絨毯をお買取りさせてただきました。ペルシャ絨毯といえば誰もが良質な絨毯として思い浮かべるものだと思います。実用的な美術品という二面性はペルシャ絨毯の特徴の一つです。今回お買取りさせていただいたナイン産のペルシャ絨毯ですが、年季が入っているものの、目立つ汚れもなく肌触りも良いため、しっかりと価値をつけさせていただきました。

→
←

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ
下記のペルシャ絨毯を例に
査定ポイントをご紹介します
マイセン

査定するペルシャ絨毯

産地:クム産

素材:シルク

サイズ:W:約107cm H:約72cm

商品の状態:傷、汚れ等があり使用感が目立つ

査定ポイント1.

産地、サイズ、年代、美しさなどを確認

マイセン

ペルシャ絨毯は、産地、サイズ、年代が主な査定のポイントとなります。
イランの「イスファハン」などの5大産地で制作されたペルシャ絨毯は価値が高く、その中でも制作されてから50年以上のものをオールド、100年以上のものをアンティークと呼び、希少価値が高いペルシャ絨毯となります。
また、ペルシャ絨毯はその美しさも非常に重要です。
使用されている素材、色の深み、模様、織り込みの密度などによって同じ産地の絨毯でも買取価格は大きく変動してきます。

査定ポイント2.

絨毯の状態を確認

マイセン

傷や汚れなど作品の状態を確認させていただきます。
やはり、状態の良い絨毯ほど買取価格は高額になります。汚れや傷などが多いペルシャ絨毯は、残念ながら買取価格が低くなり、状態次第ではお買取できない場合もございます。
ただ、制作されてから100年以上のアンティークペルシャ絨毯などは、骨董品としての付加価値が付く場合もございますので、状態不良のペルシャ絨毯でも処分される前に、一度査定を依頼されたほうが良いでしょう。

お客様の声

  • ペルシャ絨毯 アンティーク ビジャー産
    ペルシャ絨毯|出張買取|大阪府大阪市 50代女性

    長い間敷いていたお気に入りの絨毯でしたが、そろそろ新しい物に変えようと思い買取をお願いしました。最初は販売店で下取りにだそうと思いましたが、中古品だからと買いたたかれそうになったので、少しでも高く買取してくれるこちらにお願いできて良かったです。

  • ペルシャ絨毯 クム産 シルク
    ペルシャ絨毯|出張買取|茨城県水戸市 40代男性

    絨毯は絨毯屋さんとかネットオークションで売るしかないかなと思ってましたけど、骨董品としても価値がつくんですね!少しシミがついていたのでもしオークションで無理なら捨てようかとしていたので、買取してくれて助かりました。ありがとうございました!

  • ペルシャ絨毯 イスファハン産 シルク・ウール
    ペルシャ絨毯|出張買取|神奈川県横浜市 40代女性

    父の代から大切にしていた高級ペルシャ絨毯なので、家族で相談してきちんとした価値をわかってくれる売却先を探して、日晃堂さんにしました。出張にきてくれて査定員さんからきちんとした説明もしてもらえ、納得して買い取ってもらう事ができました。

  • ペルシャ絨毯 ハマダン ウール
    ペルシャ絨毯|出張買取|静岡県静岡市 40代男性

    他の骨董品を出張査定してもらう為にきてもらったのに、たまたま見てもらった絨毯がまさかこんなに高いとは…。知らず知らずとはいえ高級品を毎日のように踏んでいたなんて怖ろしいですね(笑) 。でも予期せぬ臨時収入でちょっと得した気分です。

ペルシャ絨毯について

ペルシャ絨毯の歴史

ペルシャ絨毯は、“世界最古の絨毯”ともいわれる工芸品です。 中東のペルシャ(現在のイランとその周辺)で数千年にわたって製造されてきた手織りの絨毯を指します。 中でも、現在知られているペルシャ絨毯は15~16世紀にかけて盛んに製造されるようになったもの。独特のエキゾチックな幾何学文様(アラベスク文様)が施されているのが特徴です。
「絨毯」というジャンルにおける最高級品のひとつとして認知されており、長い歴史を通して日本を含む世界中に輸出されてきた経緯があります。 特に、「ナイン」「カシャーン」「クム」「タブリーズ」そして「イスファハン」という5大生産地が有名です。

【ペルシャ絨毯と日本】
日本では、安土桃山時代の末期(16世紀末)、主にヨーロッパ経由で伝えられています。 当時は、贅沢を好んだ豊臣秀吉が権力者として栄華をきわめ、色彩豊かできらびやかな桃山文化が栄えていた時代。繊細な文様で彩られたペルシャ絨毯は人気を博し、豪商や大名の邸宅を飾りました。
特に豊臣秀吉はペルシャ絨毯をたいへん気に入り、陣羽織に仕立てて愛用したと伝えられています。また京都では、祇園祭の山鉾を飾る「懸装品」としても使われてきた歴史があります。
数百年の時を超えて現代に伝えられる山鉾の懸装品の中には、専門家から“幻のペルシャ絨毯”と呼ばれる貴重なものもあるとされています。
このように、実は日本文化と密接な関わりを持つ品でもありました。

ペルシャ絨毯の特徴

ペルシャ絨毯の大きな特徴として挙げられるのは、何といっても全面に渡って美しく織り込まれている独特の華麗な「幾何学文様(アラベスク文様)」です。
はるか昔には人や動物の姿を織り込んだ文様も見られましたが、偶像崇拝を禁じたイスラム教がペルシャの地で発展するにつれて、幾何学文様が主流となっていきました。

また、「手織りであることはペルシャ絨毯」の条件のひとつです。1点ずつ美しい文様を細かく丹念に織り込んだ繊細な仕上がりで、しかも丈夫で長持ちするという特徴があります。
そのほか、人が踏むことで独特のツヤが出ることも特徴として挙げられます。新品が美しいことはもちろん、使い込まれた品も色あせることなく、むしろ美しく磨き抜かれて成熟した仕上がりとなります。
製造から50年以上経過した「オールド」や100年以上経過した「アンティーク」と呼ばれるペルシャ絨毯が高い価値を持つ理由は、そのような特徴にあるといえます。

ペルシャ絨毯の代表的な産地
ナイン産ペルシャ絨毯

イランのほぼ中心に位置する小さな町がナインです。観光地として非常に有名なイスファハン(エスファハーン)から約東に140kmの位置にある場所です。

20世紀初めの頃には非常に質の良い手織りウールの産地でペルシャ風の外套に使用されるウール布の産地として知られていたナインでしたが、西洋式の衣服が普及し手織り産業が衰退した以降は手織り絨毯の産地として有名になりました。
本格的なペルシャ絨毯の生産が始まった1920年代初期はイスファハンの職人の指導を受け、イスファハンとの距離も近い事も相まってイスファハン産のペルシャ絨毯に強い影響を受けました。
また、今世紀初頭にはアミン・サデギの活躍によりペルシャ絨毯の生産が本格化していなかった当時のイスファハンよりも大きな評価を獲得しました。

ナイン産ペルシャ絨毯の特徴

ナイン産ペルシャ絨毯の大きな特徴としてはクリーム、ベージュ、濃紺、白などの限定された配色による色彩でペルシャ絨毯が織られます。
デザインは古典的な正統派なものが多く、この洗練されたデザインと色合いによりナイン産のペルシャ絨毯は絨毯の5大主要産地としても知られており、非常に有名な産地のコムに次ぐ新興の町とされています。
先ほどにも述べた通り、ナイン産のペルシャ絨毯は正統派なものでデザインはオーソドックスなメダリオン柄が中心となっており、素材は主にウールによって作られています。
ペルシャ結びで織られており、パイルを絡ませる縦糸のひねり(縦糸の本数)具合によって品質が異なります。

カシャーン産ペルシャ絨毯

イランの北中央に位置するカシャーンはイスファハン州の都市のひとつにあたります。
古い歴史を誇り、はるか昔よりイラン最大の繊維の街「シルク・ウール・コットン」として知られてきた町でもあります。オフウィンドテッカーと呼ばれる砂漠の近くに位置しているカシャーンは観光地としては有名ではありませんが、夏に涼しい風を感じる事が可能な屋上テラスを持った伝統的な家を見る事が出来る場所です。
ペルシャ絨毯の産地として、カシャーンは広く名の通った地域で、1539年にはマグスードによって世界最大、最も豪華と言われるアルデビル絨毯が作られた地域もここになります。
メトロポリタン美術館などにもカシャーン産のペルシャ絨毯は所蔵されており、ペルシャ絨毯界隈に大きな影響を与えました。

カシャーン産ペルシャ絨毯の特徴

カシャーンで生産されるペルシャ絨毯は、赤い生地にシャーアッバスのバルメットを置いたメダリオンコーナーと呼ばれるタイプの柄が特徴です。
紺、赤、ベージュなどのはっきりした色合いが中心となっており、ウールの絨毯でもシルクの絨毯でも他の地に比べるとペルシャ絨毯に長い歴史があるため、熟練した織り手が多いのも特徴の一つです。
織はペルシャ結びとなっており、品質の単位は「ラージ」によって表されます。ラージの基本巾は6.5cmでこれの結びによって品質が変わっていきます。中級品なら1ラージ巾に35結び、高級品は1ラージ巾に50~60結びといった具合に品質が上がっていき、稀に存在する超高級品は70ラージのものもあります。

クム産ペルシャ絨毯

南テヘランの都市から約150km離れた場所にクムという都市があります。クムはGhom(Qum)と表記され、クムやコム、ゴムなど日本では様々な呼ばれ方をされています。
また、カシャーンやイスファハンに並び日本では最もペルシャ絨毯の産地として有名な場所でもあります。歴代の王朝の君主がこの地には多く眠っており、宗教色が色濃い町でもあります。
1930年代の半ば頃からカシャーンの職人の指導の元、クムではペルシャ絨毯の生産が始まりました。
短期間で急成長を遂げたクムでは、伝統に縛られることのない自由な発想でペルシャ絨毯の生産を行っている地でもあり、近年ではオールシルクのペルシャ絨毯の産地として有名になっています。

クム産ペルシャ絨毯の特徴

前述の通り、クムが生産するペルシャ絨毯は他の産地と異なり伝統にとらわれることなく常に新しいデザインを追求している産地です。
敏速に海外での流行や市場などの状況を把握し、ペルシャ絨毯の各産地から技術や最良のデザインを取り入れて再編成することにより、クムの産地ならではの斬新なデザインを今日も生み出し続けています。
そして確かな技術の元に作られた華やかなペルシャ絨毯は絶大な人気を博しており、日本やその他の海外にもとても人気の産地となっているのです。
また、クムのペルシャ絨毯の品質は縦糸の本数によって異なります。1㎡あたり70~90万ノットで織られ、6㎡のペルシャ絨毯を織るには2~3人で1年半から2年の期間を要するとされています。

タブリーズ産ペルシャ絨毯

イランの首都であるテヘランから北西に約620kmの位置にあるのがタブリーズです。
ビザンチン様式として有名な「青いモスク」があるトルコからは比較的近い距離にあります。タブリーズは13世紀に創始されたイル・ハーン朝時にこの街をペルシャの首都とし、第7代のガザン・ハーンの時代に最も繁栄したと言われています。あの有名なシルクロードの交易拠点としても栄えました。
アナトリアからヨーロッパ、カスピ海以東の中央や東アジアなど様々な地域を結ぶ幹線上に位置しているため対外貿易は全面的にダブリーズの商人が掌握していたそうです。
19世紀の後半になるとその商人たちは町に工場を建設し、輸出用の絨毯やペルシャ絨毯の技術的な指導を行いペルシャ絨毯業復興のよく割を果たしました。

ダブリーズ産ペルシャ絨毯の特徴

ダブリーズ産のペルシャ絨毯は独特なデザインと高い耐久性が世界の絨毯市場においても有名となっているほどです。
アイボリーの背景色にバラ色、青色、藍色の文様を施しているものが多いのが特徴で、ツタやヤシの葉で円形の模様を囲んだ文様は左右対称にバランスよく配置されているもが多く見受けられます。
織はペルシャ結びではなくトルコ結びから成っていてダブリーズ産のペルシャ絨毯の品質はノットではなく「ラージ」で表されます。6㎡のペルシャ絨毯を仕上げるには2~3人で約1年半の時間を要します。
今世紀半ばになるとエマート、イジャディ、ヘイタルザデなど名匠達が独自性に富んだペルシャ絨毯の作品を数々と作り、ナイフと駒張を合わせたようなダブリーズ独特の道具を用いる事でダブリーズ産のペルシャ絨毯はより正確で緻密なものが作れるようになりました。

買取方法 ~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

ペルシャ絨毯買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
信東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る