【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはこちらよりご確認ください。

千野茂(ちのしげる)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

千野茂
1913年 - 2002年
彫刻買取

千野茂(ちのしげる)1913年–2002年

千野茂は、昭和から平成にかけて活躍した彫刻家です。
仏壇の装飾彫刻を学ぶところからスタートし、やがて人物をかたどった作品を多く手がけるようになります。特に裸婦像を得意としており、静謐で清らかなムードの女性像に、豊かな詩情を盛り込んだ作風で知られています。作品の中には美術館に所蔵されている物やパブリックアートとして設置されている物も多く、いずれも高い価値を誇ります。

千野茂の詳細を見る

静謐なムードの中に豊かな詩情を込めた彫刻家

1913年、千野茂は現在の新潟県新潟市に生まれました。
少年の頃から彫刻の世界を志し、高等学校を卒業後は仏壇の装飾彫刻を学びます。その後、島田美晴に師事して学びを深め、1936年には新槐樹社展、新協美術展に相次いで入選を果たし、新進気鋭の彫刻家として知られるようになります。 しかし翌年、院展にチャレンジするも落選。その後の数年間、有名彫刻家の新海竹蔵に師事するなどして腕を磨きますが、院展には落選が続き、スランプの時期を迎えます。 しかし1942年、妹をモデルに起用した「ミチの首」を発表すると初入選。その後は、堰を切るように入選を重ね、戦後に入ってからは日本美術院賞、大観賞、奨励賞、白寿賞などを矢継ぎ早に受賞。ついに1955年には日本美術院の同人に迎えられました。 また同年、千野茂は東京藝術大学に職を得て、後進の育成にあたります。

1960年代の初めに日本美術院の彫刻部が解散すると、師匠の新海竹蔵らとともに新たに「S・A・S」を結成。S・A・Sは1964年に国画会の彫刻部となり、千野茂も会員として参加します。 その後も精力的な活動を続け、1982年には国画会展に出品した「皐月」で中原悌二郎賞を受賞。さらに1986年には東京藝術大学の名誉教授となりました。 1980年代末から1990年代初めにかけて千野茂をテーマにした大規模な彫刻展の開催や作品集の刊行が行われるなど、晩年まで高い人気を誇りました。

千野茂の代表作

  • 「慈(じ)」

    新潟県新潟市の白根学習館に設置されている作品です。 椅子に腰かけた若い女性が、膝の上に幼児を立たせて見つめ合っている姿を表現しています。タイトルの「慈(じ)」は、いつくしみや慈愛の心を意味していますが、微妙にデフォルメされた女性と幼児が醸し出す空気感には、まさしく慈愛に満ちたムードが感じられます。

  • 「フォーム」

    埼玉県春日部市の古利根公園橋に設置されている作品で、椅子に腰かけた裸形の女性を表現しています。こちらは「慈(じ)」とは異なり、デフォルメのない写実性豊かな作品となっています。 女性は腰を曲げて足の先を握るという独特のフォームを取っており、作品は人体のまろやかな線や動きの豊かさを感じさせます。

出張買取30%UP

対象外商品:古銭(貨幣)、金属製品
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※他のキャンペーンと併用不可です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

買取専門のオペレーターがご対応します

0120-961-491

受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始除く)

※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

はじめての方でも安心してご利用いただけます

日晃堂で骨董品を売るのはとてもカンタンです

  • 1.連絡・持ち込み

    Webフォーム、電話、持ち込みなどお気軽にご連絡ください。
  • 2.ご訪問・査定

    全国どこでもお伺いします。宅配・店頭買取もお気軽にご利用ください。
  • 3.成立・お支払い

    査定価格にご納得いただけた場合はその場で現金で買取価格をお支払いします。

買取方法~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。