【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはこちらよりご確認ください。

吉田三郎(よしださぶろう)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

吉田三郎
1889年 – 1962年
彫刻買取

吉田三郎(よしださぶろう)1889年–1962年

吉田三郎は、明治から昭和にかけて活躍した彫刻家です。
男性、特に年齢を重ねた老人の姿をかたどった作品を多く残しており、老人の姿を通じて人間を写実的にとらえる取り組みを行いました。作品の中には有名な美術館に所蔵されているものも多く、現在においても高い価値を誇ります。 また同郷の詩人・作家の室生犀星とは生涯に渡って良き友であり続け、犀星が金銭的に苦しい生活を送っていた頃、積極的に支援したというエピソードが残されています。

吉田三郎の詳細を見る

老人の像で独自の境地を確立した彫刻家

1899年、吉田三郎は石川県金沢市に生まれました。
石川県で高校を卒業したあと、上京。東京美術学校(現在の東京藝術大学)で彫刻を学びます。 1912年に卒業したあとは、主に官展で活躍。1918年の文展で特選に選ばれたことを皮切りに、1919年の帝展(文展から改称)で特選に選ばれるなど、発表する作品の多くが高い評価を得ました。1912年には、帝展の審査員も務めています。 さらに、その才能が認められ、吉田三郎は1931年に文部省に命じられて海外に留学。古代彫刻の研究をフランス、イタリア、さらにアメリカで行いました。 帰国後は多摩美術短期大学の教授に就任。さらに1943年には日本美術及工芸会の理事を務め、彫刻の発展に力を尽くします。

戦後も、主に日展で活躍を続け、1950年には日本芸術院賞を受賞。さらに同年、日展運営会参事となり、さらに1955年には日本芸術院の会員、1958年には日展常務理事となります。 また日展常務理事となった1958年には、文化勲章・文化功労者の選考委員となっています。 こうして、日本の彫刻界における重鎮となった吉田三郎は、晩年まで存在感を発揮し続けました。

吉田三郎の代表作

  • 「老坑夫」

    東京国立近代美術館に所蔵されている作品で、吉田三郎がこだわった“老齢の男性”を表現した作品となっています。痩せた半裸の老人は炭鉱で働く労務者。やや背の曲がった老人の姿には、加齢によるしわと同時に労働の厳しさもまた刻み込まれているかのようです。

  • 「潮騒」

    潮騒という爽やかな雰囲気のタイトルとは裏腹に、こちらも「老坑夫」と同じく年齢を重ねた老人の姿を表現した作品となっています(またこちらの作品も東京国立近代美術館に所蔵されています)。 ぺたんとお尻を地面につけて座り、背を曲げ、どこでもないどこかを見つめる老人の姿が表現されています。波打ち際で潮騒を聞いているのでしょうか、その姿には老人ならではの悲哀のようなものも感じられます。

出張買取30%UP

対象外商品:古銭(貨幣)、金属製品
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※他のキャンペーンと併用不可です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

買取専門のオペレーターがご対応します

0120-961-491

受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始除く)

※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

はじめての方でも安心してご利用いただけます

日晃堂で骨董品を売るのはとてもカンタンです

  • 1.連絡・持ち込み

    Webフォーム、電話、持ち込みなどお気軽にご連絡ください。
  • 2.ご訪問・査定

    全国どこでもお伺いします。宅配・店頭買取もお気軽にご利用ください。
  • 3.成立・お支払い

    査定価格にご納得いただけた場合はその場で現金で買取価格をお支払いします。

買取方法~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。