【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはこちらよりご確認ください。

後藤貞行(ごとうさだゆき)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

後藤貞行
1850年 - 1993年
彫刻買取

後藤貞行(ごとうさだゆき)1850年–1993年

後藤貞行は明治時代に活躍した彫刻家です。
師匠の高村光雲と共作した皇居外苑の「楠木正成像」や、上野公園の「西郷隆盛像」などが代表作として挙げられます。これらの作品で、貞行は楠木正成がまたがる馬、西郷隆盛が連れている犬の像の制作を担当しています。 人物よりは動物、特に馬の像を得意としており、ダイナミックな動きや表情を緻密に描いた作品の数々は高い評価を受けており、現在においても高い価値を誇ります。

後藤貞行の詳細を見る

馬の彫刻を得意とした明治時代の彫刻家

江戸時代末期の1850年、後藤貞行は紀州藩士の次男として誕生。現在の静岡県で育ち、8歳の頃からは現在の和歌山県で学びました。 1860年代の後半は幕末の若き武士として武芸に励み、特に兵馬術を得意としました。明治維新後も引き続き兵馬術を学んでいましたが、1870年代に入ってからは芸術方面で活動するようになります。 1874年、元江戸幕府の軍事顧問であったフランスの軍人オーギュスタン・デシャルムに絵画を学び、やがて才能を認められ、翌年からは歩兵の育成にあたっていた陸軍戸山学校の図画掛となります。

そんな後藤貞行が彫刻の道に進むようになったのは、1880年代のこと。石版画や写真などを学ぶ中、彫刻家の高村光雲との出会いを果たし、師事。1884年には明治天皇の愛馬であった金華山号を銅像に仕上げ、高い評価を受けました。 その後、1890年からは東京美術学校(現在の東京藝術大学)に勤務し、高村光雲とともに「楠木正成像」や「西郷隆盛像」の制作にあたりました。 晩年は美術学校を辞して各地を転々としながら制作を続け、最晩年は岩手県で過ごしたといわれています。

後藤貞行の代表作

  • 「楠木正成像」

    東京都千代田区の皇居外苑に設置されている像で、南北朝時代に活躍した楠木正成の乗馬姿を表現しています。甲冑を身につけた正成がまたがる馬のダイナミックな姿が印象的です。 こちらは師であった高村光雲との共作であり、後藤貞行は馬の制作にあたりました。前足を高く掲げ、躍動感たっぷりでありつつも優雅な佇まいを感じさせる傑作です。

  • 「西郷隆盛像」

    東京都の上野恩賜公園に設置されている西郷隆盛の立像。身軽な浴衣姿で脇差を帯び、犬を連れた朴訥とした姿で知られる像ですが、こちらも高村光雲との共作で、後藤貞行は西郷が連れている犬の「ツン」の制作を担当しています。やや痩せた薩摩犬の「ツン」は西郷に愛された忠犬であり、貞行はその気品のある姿を見事に表現しています。

出張買取30%UP

対象外商品:古銭(貨幣)、金属製品
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※他のキャンペーンと併用不可です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

買取専門のオペレーターがご対応します

0120-961-491

受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始除く)

※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

はじめての方でも安心してご利用いただけます

日晃堂で骨董品を売るのはとてもカンタンです

  • 1.連絡・持ち込み

    Webフォーム、電話、持ち込みなどお気軽にご連絡ください。
  • 2.ご訪問・査定

    全国どこでもお伺いします。宅配・店頭買取もお気軽にご利用ください。
  • 3.成立・お支払い

    査定価格にご納得いただけた場合はその場で現金で買取価格をお支払いします。

買取方法~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。