【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはこちらよりご確認ください。

堀進二(ほりしんじ)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

堀進二
1890年 – 1978年
中国掛軸買取

堀進二(ほりしんじ)1890年–1978年

堀進二は明治から昭和にかけて活躍した彫刻家です。優れたデザインセンスを持っていたこともあり、デザイナーとしても活躍しました。彫刻の特徴としては、人物像を得意としていたことが挙げられます。モデルとなる人物の心まで表現するかのような緻密な彫刻を手がけており、代表作の多くは美術館や大学に所蔵されています。日本芸術院賞をはじめ多数の賞を受賞している彫刻家でもあり、その作品はいずれも高い価値を誇ります。

堀進二の詳細を見る

人物像を得意とした彫刻家

1890年、堀進二は東京に生まれました。 芸術の道を志し、1906年に太平洋画会研究所に入学。彫刻家の新海竹太郎に学びつつ、中原悌二郎や戸張孤雁といったのちに有名な彫刻家になる人たちと切磋琢磨して過ごしました。
中原悌二郎とは特に仲が良かったようで、互いをモデルにした像の制作も行っています(堀進二による中原悌二郎像は、旭川市彫刻美術館に所蔵されています)。 その後は、太平洋画会展に作品を出品しつつ、文展でも活躍します。1915年、文展に出品した作品が褒状を受けて話題を呼び、新進気鋭の彫刻家として知られるようになります。文展ではその後、1916年から1918年にかけて3年連続で特選に輝きました。 1919年には、帝展(文展より改称)で審査員を務めつつ、作品を手がけています。

その後、戦中・戦後を通してさまざまな学校の講師・教授を務めて後進の育成にあたっています。 1928年からは東京帝国大学(現在の東京大学)工学部建築科で講師を務め、東京工業大学でも講師を務めました。戦後は東京美術学校(現在の東京藝術大学)で教授を務めていましたが、1948年には東京工業大学からの依頼で学校のマークをデザイン。このマークは現在も使われています。

1957年には、長らく解散状態だった太平洋画会研究所の校長に就任。母校で後進の育成にあたります。さらに日展評議員を務めるなどして活躍し、1960年には日本芸術院賞を受賞。1978年に死去するまで、日本の彫刻界の重鎮として存在感を発揮し続けました。

堀進二の代表作

  • 「古市公威」

    明治から昭和にかけて産業界で活躍した人物・古市公威の晩年の姿を彫刻にした作品です。穏やかな表情やリラックスした姿勢の中に、公威のおおらかで優しい人柄をしのばせる作品に仕上がっています。 現在、この作品は古市公威が教授を務めた東京大学の構内に設置されています。

  • 「壺を抱く女」

    両ひざを立てて座った女性が、まるでその全存在をかけて呑み込もうとするかのような姿勢で壺を抱えている姿を表現した作品です。堀進二が得意とした偉人の像とは一味違う、深い精神性を感じさせる作品です。見る者に異様な感動を与えるこの作品は現在、神奈川県立近代美術館に所蔵されています。

出張買取30%UP

対象外商品:古銭(貨幣)、金属製品
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※他のキャンペーンと併用不可です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

買取専門のオペレーターがご対応します

0120-961-491

受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始除く)

※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

はじめての方でも安心してご利用いただけます

日晃堂で骨董品を売るのはとてもカンタンです

  • 1.連絡・持ち込み

    Webフォーム、電話、持ち込みなどお気軽にご連絡ください。
  • 2.ご訪問・査定

    全国どこでもお伺いします。宅配・店頭買取もお気軽にご利用ください。
  • 3.成立・お支払い

    査定価格にご納得いただけた場合はその場で現金で買取価格をお支払いします。

買取方法~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。