【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはこちらよりご確認ください。

中村晋也(なかむらしんや)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

中村晋也
1926年 -
彫刻買取

中村晋也(なかむらしんや)1926年–

中村晋也は、戦後から現在に至るまで活躍を続けている彫刻家のひとりです。
現代における巨匠のひとりであり、その作品はいずれも高い価値を誇ります。 人物を表現した作品、特に歴史に取材した作品を得意としており、ゆかりの深い鹿児島県に関係する偉人たちの銅像などを多く制作しています。歴史の転換点で活躍した人物たちの姿を、雄々しくダイナミックに生き生きと表現していることが特徴として挙げられます。

中村晋也の詳細を見る

歴史に取材した作品で知られる現代日本の巨匠

1926年、中村晋也は三重県に生まれました。
東京高等師範学校(現在の筑波大学)を卒業したあと、鹿児島県に赴任。鹿児島師範学校文部教官と鹿児島大学講師を兼任します。 それと並行して彫刻家としての活動も行っており、1950年に日展で初入選を果たすと、新進気鋭の彫刻家として知られるようになります。 鹿児島大学で教鞭をとるかたわら沖縄県の戦没者慰霊塔の作成、フランス留学などを行い、1967年には日展で特選を受賞。2年後の改組第1回日展で菊花賞を受賞し、翌年には日展の審査員を務めるなどして活躍します。 その後も代表作となる「若き薩摩の群像」や、日中友好和平を記念した群像を制作。後者の作品は中国湖南省に建立されました。 2007年には文化勲章を受章。さらに日展の顧問に就任したり、全国各地の寺社や歴史博物館などに彫刻作品を治めたりと活躍を続け、現代に至っています。

中村晋也の代表作

  • 「島津義弘公騎馬像」

    島津義弘は戦国時代末期に活躍した武将で、天下分け目の関ヶ原の合戦で大胆な敵中突破を行ったことで知られています。石田三成が率いる西軍に属していた義弘の軍は、味方の敗戦が決定的になると逃げ場を失ってしまいますが、そこで義弘は大胆にも、背中を見せて逃げるのではなく、あえて東軍の総大将・徳川家康の陣に突っ込んで敵中突破を図ろうと試みます。薩摩の武士たちは義弘の号令のもとで突撃し、見事に突破して脱出を成功させます。 中村晋也によるこの作品は、そんな関が原での義弘の活躍を表現したものです。荒々しく前脚を蹴り上げる馬にまたがって采配をふるう義弘の迫力に満ちた姿が、見る人の胸に迫ります。 この作品は現在、鹿児島県日置市の伊集院駅前に設置されています。

  • 「若き薩摩の群像」

    こちらは鹿児島県鹿児島市の鹿児島中央駅前に設置されている作品で、幕末の薩摩藩士17人の姿をかたどった群像となっています。若き日の五代友厚をはじめとする17人の薩摩藩士は、1865年に海外の文化や技術を学ぶためにイギリスへ留学します。 中村晋也は、この作品においてイギリスで学んだ若きサムライたちの姿を生き生きと表現しています。新時代を切り開く希望に満ちた若者たちの姿は、見る人に深い感銘を与えることでしょう。

出張買取30%UP

対象外商品:古銭(貨幣)、金属製品
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※他のキャンペーンと併用不可です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

買取専門のオペレーターがご対応します

0120-961-491

受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始除く)

※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

はじめての方でも安心してご利用いただけます

日晃堂で骨董品を売るのはとてもカンタンです

  • 1.連絡・持ち込み

    Webフォーム、電話、持ち込みなどお気軽にご連絡ください。
  • 2.ご訪問・査定

    全国どこでもお伺いします。宅配・店頭買取もお気軽にご利用ください。
  • 3.成立・お支払い

    査定価格にご納得いただけた場合はその場で現金で買取価格をお支払いします。

買取方法~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。