【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはこちらよりご確認ください。

高村光太郎(たかむらこうたろう)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

高村光太郎
1883年 - 1956年
彫刻買取

高村光太郎(たかむらこうたろう)1883年–1956年

高村光太郎は、日本の近代彫刻を代表する彫刻家のひとりです。
主に大正、昭和にかけて活躍し、人物像をはじめ動物、虫、果物などさまざまな事物を題材にした彫刻作品を手がけています。躍動感とリアル感にあふれた見事な作品の数々は、いずれも高い価値を誇ります。 また、光太郎は彫刻家であると同時に画家、詩人、評論家としても活躍。愛妻・智恵子についての詩や散文を集めた「智恵子抄」は、日本の近代文学を代表する作品のひとつといわれています。

高村光太郎の詳細を見る

彫刻家・詩人として活躍した天才芸術家

1883年、高村光太郎は近代彫刻の巨匠・高村光雲の長男として東京都に生まれました。
彫刻家を志し、1897年に東京美術学校(現在の東京藝術大学)予科に入学。また同時に文学にも魅了されて詩歌の専門誌「明星」に寄稿して高い評価を得ます。 1905年には一時、絵画を学びますが翌年には海外に出ました。 アメリカやイギリス、フランスを渡り歩き、世界の近代美術を学んで帰国。その後は美術評論家として活動しつつ、彫刻や絵画の制作を行います。

1914年には詩集「道程」を出版して話題を呼び、同じ年には愛妻・智恵子と結婚。彼女との生活の中で、のちに詩集「智恵子抄」に収められることになる詩の数々が生まれました。 またこの頃は彫刻の制作に没頭していた時期でもあり、代表作のひとつである「手」や「鯰」などの作品を生み出しています。

1930年代の後半、妻の智恵子は精神を病み、1938年に死去。3年後の1941年に、光太郎は「智恵子抄」を発表して彼女を偲びました。 戦時中は積極的に戦意高揚の詩を発表するなどして軍部に協力しますが、戦後は当時の行動を反省してしばらくひっそりと暮らすことになります。 1950年、戦後に書いた詩をまとめた詩集「典型」を発表して読売文学賞を受賞し、その2年後に青森県十和田湖畔に設置する記念碑の制作を開始。翌年、「乙女の像」を完成させました。 こうして復帰した高村光太郎ですが、「乙女の像」が完成した3年後の1956年に死去。73歳でした。

高村光太郎の代表作

  • 「手」

    1918年頃に作成された作品。反り返った親指とギュッと曲げられた小指が印象的な、男性の左手を表現したブロンズ像です。モデルは高村光太郎自身。当時の光太郎は貧しくてモデルを雇うことができず、やむなく自分をモデルにしたというエピソードが残されています。

  • 「柘榴」

    果物の柘榴を表現した木彫りの作品です。 半分に割られた柘榴は果肉がむき出しになった状態ですが、今まさに割られたばかりのみずみずしさが見事に表現されています。

出張買取30%UP

対象外商品:古銭(貨幣)、金属製品
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※他のキャンペーンと併用不可です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

買取専門のオペレーターがご対応します

0120-961-491

受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始除く)

※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

はじめての方でも安心してご利用いただけます

日晃堂で骨董品を売るのはとてもカンタンです

  • 1.連絡・持ち込み

    Webフォーム、電話、持ち込みなどお気軽にご連絡ください。
  • 2.ご訪問・査定

    全国どこでもお伺いします。宅配・店頭買取もお気軽にご利用ください。
  • 3.成立・お支払い

    査定価格にご納得いただけた場合はその場で現金で買取価格をお支払いします。

買取方法~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。