【 感染対策について 】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはこちらよりご確認ください。

早川巍一郎(はやかわぎいちろう)の作品買取実績や歴史をご紹介します

TOP

早川巍一郎
1905年 - 1978年
彫刻買取

早川巍一郎(はやかわぎいちろう)1905年-1978年

早川巍一郎は、大正から昭和にかけて活躍した彫刻家です。優れた彫刻作品を発表して高い評価を得ているほか、多摩美術大学の教授として後進の指導にあたるなど多方面で活動しました。作品は女性を題材にしたものが多く、特に少女の姿を表現した作品で高く評価されています。少女の可憐さと優しさ、無邪気さを優しい世界観の中で表現しているのが特徴です。そんな早川巍一郎の作品は、郷里の鳥取県倉吉市の野外彫刻などで見ることができ、現在でも高い価値を誇ります。

早川巍一郎の詳細を見る

みずみずしく優しい世界観を表現した彫刻家

1905年、早川巍一郎は現在の鳥取県倉吉市で生まれました。
1925年に東京美術学校(現在の東京藝術大学)で彫刻を学びつつ、個人的に彫刻家・藤川勇造に師事。在学中から才能を発揮し、1925年には早くも二科展で入選。さらに1928年には同じく二科展で樗牛賞を受賞しています。 その後、新制作派協会に所属して活躍します。 新制作展では「鳩と少女」「だんらん」といった代表作をはじめ多数の作品を出品し、いずれも高い評価を得ています。 また、戦後は彫刻制作を続けつつ、教育者としても活躍しています。 1946年に多摩美術短期大学の教授に就任。その2年後には多摩美術大学の教授となって後進の育成にあたりました。1966年からは、文部省大学設置審議会専門委員も務めています。

早川巍一郎の代表作

  • 「鳩と少女」

    鳩を両手でつかまえて立っている少女の姿を表現した作品です。少女の手の中でおとなしくしている鳩にはどことなくユーモラスな雰囲気があり、可憐な少女の表情には優しさが感じられます。 見る人の心を和ませるこの作品は現在、義一郎の郷里である鳥取県倉吉市にある倉吉博物館ピロティに設置されています。

  • 「だんらん」

    3人の少女が輪になって手をつなぎ、楽しげに遊んでいる姿を表現した作品です。互いに手をつないで支え合っている少女たちの躍動感や親密な雰囲気が見事に伝わる作品となっています。 この作品は現在、鳥取県倉吉市の「緑の彫刻プロムナード」に設置されています。

  • 「洋(うみ)」

    足を組んで寝そべり、リラックスした表情を浮かべている女性の姿を表現している裸婦像です。 ゆったりとしたくつろいだムードで過ごすひとときの、のんびりした感じがよく出ています。 この作品は現在、鳥取大学の湖山キャンパスに設置されています。

出張買取30%UP

対象外商品:古銭(貨幣)、金属製品
※店頭買取・宅配買取は本キャンペーンの対象外となります。
※他のキャンペーンと併用不可です。

骨董品・食器を
価値に見合った価格でお買取

作家名や詳細が不明な骨董品、食器でも
お気軽に電話・メールでご相談ください。

買取専門のオペレーターがご対応します

0120-961-491

受付時間 9:00~20:00 (年中無休※年末年始除く)

※お電話が混雑しており繋がらない場合は
大変申し訳ございませんが時間を空けてお問合せください。

はじめての方でも安心してご利用いただけます

日晃堂で骨董品を売るのはとてもカンタンです

  • 1.連絡・持ち込み

    Webフォーム、電話、持ち込みなどお気軽にご連絡ください。
  • 2.ご訪問・査定

    全国どこでもお伺いします。宅配・店頭買取もお気軽にご利用ください。
  • 3.成立・お支払い

    査定価格にご納得いただけた場合はその場で現金で買取価格をお支払いします。

買取方法~ご都合に合わせて選べる~

骨董品・食器買取における対応エリア

日晃堂の骨董品買取は全国対応!
日本全国どこからでもご利用いただけます。
北海道・東北エリア
信越・北陸エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

※一部離島からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。 また、季節や交通状況等により出張査定が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。