茶道具、掛軸、刀剣、絵画など骨董品に関する情報をご紹介いたします。骨董品買取のプロだからこそ知っている情報などもご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

TOP

      2020/01/15

古銭はどこで売れるの...?
古銭はどこで売れるの...?

古銭はどこで売れるの…?」という悩みをお持ちでしょうか。

引っ越しや遺品整理、あるいは家や蔵の大掃除をした時などに大量の古銭(古いお金)が見つかったりすると、捨ててしまうのはもったいないので、どこかに売りたくなりますよね。

「でも、古銭が一体どこで売れるのかわからない…」

今回の日晃堂コラムでは、そんなお悩みにお答えします。まず、古銭の種類や概要をお伝えした後に、古銭がどこで売れるのかをご紹介します。

このコラムを読めば、古銭がどこで売れるかしっかりと理解できますので、ぜひ最後までご覧ください。

古銭の【種類】と【概要】について

古銭とは、現在流通している通貨よりも前の世代の硬貨や紙幣のことです。
かんたんに言うと、昔使われていたお金のことを指します。

一言で古銭といっても、穴銭、大判小判、古金銀、外国古銭、記念貨幣など、種類や価値は千差万別です。
別の記事でご紹介いたしました、「板垣退助の100円札」「夏目漱石の千円札」「聖徳太子の一万円札」なども、”古銭”として定義されています。

額面通りの金額相当しか価値がない古銭もあれば、骨董品としての希少価値が高い古銭も存在するのが特徴です。以下では、古銭の代表的な3種をご紹介いたします。

穴銭

穴銭とは、「五円玉」や「五十円玉」のように穴の空いた貨幣のことです。

日本で発行されたお金の中で「最も古いお金」と伝えられており、「寛永通宝」や「和同開珎」が穴銭の中では有名ですね。

穴銭の中でも特に歴史が古い和同開珎については、条件が揃えば1枚で数百万円もの価格が付くこともありますが、レプリカも多く出回っており専門家でなければ真の価値を見極めるのは難しいお品物です。他の穴銭にも言えることですが、材質や鋳造時期、書体などによっても古銭としての価値や買取価格は大きく変わってきます。

そのため、古銭の専門知識が豊富な人物に査定を依頼することが重要です。

大判小判

“大判小判”といえば、世間一般では同じような表現をされていますが、大判と小判はそれぞれ作られた時代や特徴が異なる別々の貨幣です。

戦国時代の1588年に、豊臣秀吉が後藤四郎兵衛家に命じて作らせた「天正大判」が日本初の大判と云われております。大判は小判よりもサイズが大きく、大判の量目や品位を保証するために墨書が描かれているのが特徴です。

対して小判は「大判」をより小型にし、墨書を極印に改めたのが特徴です。徳川家康が江戸幕府を開くにあたり、一般流通する通貨として小判を作らせたと云われ、1601年発行の「慶長小判」から1860年発行の「万延小判」まで発行されたと伝えられています。

大判と小判は共に金が使われているので、骨董品としての価値だけでなく、貴金属としての価値もあります。偽物やレプリカも多数存在するため、本物の大判小判であれば百万円以上の価値が眠っている場合もあります。

古金銀

古金銀(こきんぎん)とは、江戸中期から明治時代にかけて流通していた金貨・銀貨の総称のことです。

やや縦長の長方形が特徴ですが、サイズの規定はないため物によってはばらつきが見られます。日本では1601年に発行された「慶長一分判金」が最も古く、1869年までの268年間もの長期に渡り、日本で流通していた古銭です。古金銀は種類も多く貨幣の価値も幅広いですが、「慶長一分判金」をはじめ、「元禄一分判金」「宝永一分判金」「庄内一分銀」などは特に希少価値が高く、コレクターの方からの根強い人気を集めています。

200年以上にも渡って発行されてきた古金銀ですが、現代ではきれいな状態の現存数は少ない状態です。かつ、一部の古金銀は流通期間が僅か数ヶ月といったものも存在するため、もしそのような古金銀をお持ちでしたら、驚くような高い価値が眠っている可能性もあります。

古銭を売る3つの買取先

古銭の概要や種類に関して、上記の通りお伝えさせていただきました。ここからは今回のテーマである、「古銭はどこで売れるか?」についてご案内いたします。

現在発行されていない昔のお金でも一部は今でも使えるものがあったり、銀行で現行通貨への交換ができる場合があったりしますが、いずれも額面通りの価値しか評価されません。さらに、銀行での交換については、手数料が発生する場合もあります。もし、お持ちの古銭を「処分したい」とお考えでしたら、古銭を買取業者に売ることをお勧めします。

以下より、古銭を売ることができる代表的な3つの買取先をご紹介します。

リサイクルショップ

古銭をとにかく手っ取り早く処分したいということであれば、リサイクルショップへ売却するのも手段のひとつです。家の近くにあるリサイクルショップに古銭を持ち込めば、気軽にその場で査定を受けることが可能です。

しかし、買取専門店に比べると古銭に関する専門知識は乏しく、その査定力には疑問符が残ります。また、査定員の知識不足から古銭の買取自体をしていないリサイクルショップも数多くあり、もし買取を行っているお店があったとしても、赤字を出さないように安く買い叩かれてしまう可能性もあります。

リサイクルショップは買取した商品を再販するビジネスモデルのため、もし古銭を店頭やインターネット、海外などで販売する経路があるようなお店であれば買取価格も多少は期待できます。しかし、リサイクルショップの特性上、基本的に査定額には期待できません。安くても構わないから、古銭を早く大量に売りたいという方向けの買取先です。

オークションやフリマ

ネットのオークションやフリマを利用すれば、業者を間に挟まないので「余分なマージンを取られることがない」というのが最大の魅力です。

その反面、個人間でのトラブルのリスクや落札後のやりとり、商品の写真撮影や出品手続きなどが必要となるため、時間や労力が必要となります。出品者の言い値で価格を決められるものの、顔の見えない相手とやり取りする精神的な負担も苦痛になりかねません。古銭に対する専門知識がないと、本来の価値に見合った適正な価格が付けられず、かえって安く売ってしまうことも懸念されます。

また、古銭には偽物やレプリカも多く、専門知識を持たない素人の方が古銭を本物かどうかの「真贋」を見極めるのも、そう簡単なことではありません。気づかずに偽物を売ってしまい、クレームやトラブルの元になる恐れもあります。スマホ一つでかんたんに出品でき、高く売れる可能性を秘めているものの、こうした手間やリスク等を考えると一般の方は手を手を出しにくい売却先です。

買取専門店

古銭がどこで売れるか知りたい」と悩んでいるような方に一番お勧めの売却先が、古銭の買取を専門に行っている買取業者です。

専門業者ならではの「専門知識」と「買取実績」が豊富であるため、安心して古銭の買取をお願いできます。査定時までに売りたい古銭と身分証明書を用意しておく必要がありますが、ほとんどの古銭買取業者では、店頭買取以外に自宅で待機しておくだけでよい「出張買取」に対応しています。特に遺品整理や家の引っ越し等で売却する古銭の数が多い場合、自宅まで査定にお伺いする出張買取は多くの方に喜ばれています。

日晃堂の場合、古銭だけでなく骨董品やブランド食器なども買取の対象となっているため、大量に処分したいお品物があってお困りの際は特に重宝いただけます。出張料や査定料など、査定に関する費用は完全無料のため、お気軽にご利用いただけるのも特徴です。古銭に関する知識がない方でも安心かつ、最も効率的に古銭を売るなら買取専門店が一番お勧めです。

まとめ

今回の日晃堂コラムでは、「古銭はどこで売れるか?」というテーマでお届けしました。

古銭の概要や種類と一緒に代表的な3つの売却先をご紹介しましたが、「古銭がどこで売れるか」についても十分ご理解いただけたのではないでしょうか。リサイクルショップ、ネットオークションやフリマ、買取専門店が古銭の主な売却先となりますが、大量に売りたい古銭がある時は特に買取専門店の出張買取がお勧めです。特に引っ越しや遺品整理、家や蔵の大掃除をした時など、価値があるかどうかもわからない古銭が大量に出てきた際は、買取専門店の出張査定がお役に立ちますので、ぜひ活用を検討してみてください。

日晃堂では古銭買取に力を入れています。特に穴銭、大判小判、古金銀など、骨董品として価値が高いものはしっかりとお値段を付けさせていただきます。古銭の買取専門店として専門知識が豊富な査定員が、お客様の大切な古銭を大切に査定いたしますので、古銭買取のことなら日晃堂にお任せください。

日晃堂の古銭買取は出張買取、もしくは店頭買取の対応となりますが、いずれも無料でご利用いただけます。

大量の古銭買取も歓迎いたしますので、「古銭を売りたい」と思ったらまずは弊社までご相談ください。
骨董品買取に関する内容であれば、どのようなことでも大丈夫です。

骨董品買取実績はこちらです

記事カテゴリー

トップへ戻る