茶道具、掛軸、刀剣、絵画など骨董品に関する情報をご紹介いたします。骨董品買取のプロだからこそ知っている情報などもご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

TOP

      2020/01/15

板垣退助が絵柄の100円札に価値はある...?
板垣退助が絵柄の100円札に価値はある...?

今回の日晃堂コラムでは、「板垣退助が絵柄の100円札に価値はあるの?」というテーマでお届けします。

家の中を整理した際などに昔のお金が出てくることはよくある話ですが、その中で板垣退助100円札に古銭としての価値があるのかどうかについてご紹介します。
古銭買取をお考えの方は、ぜひ最後までお付き合いください。

板垣退助100円札とは

板垣死すとも自由は死せず」という名言を残したことで有名な、明治時代の政治家・板垣退助。

板垣退助が自由民権運動の先頭に立ち、日本の民主主義の発展に大きな功績を残した話は有名ですね。そんな歴史上の有名人物として知られている板垣退助ですが、かって「100円紙幣の肖像」として描かれていたことでも知られ、板垣退助が描かれた紙幣は比較的近年まで発行されていました。

そのため、今でも板垣退助100円札を自宅などに眠らせたままの方も多く、古銭としての買取をお考えの方は「板垣退助100円札の価値」や「板垣退助100円札は売れるのか?」と気になったりしますよね。

そこで今回は、「板垣退助100円札の価値」についてご紹介いたします。まずは下記にて、板垣退助100円札の概要や種類についてお伝えします。

板垣退助100円札の概要

板垣退助100円札は1953年(昭和28年)12月1日から、1974年(昭和49年)8月1日に発行停止となるまで作られた紙幣で、法律上は現在でもお金として使える”現行紙幣”です。

日本の100円紙幣には旧100円券、改造100円券、甲号券、乙号券、い号券、ろ号券、A号券、B号券の8種類が存在しますが、板垣退助100円札はその中でも、「日本銀行券 B号券」に分類されます。他の古銭に比べると比較的新しい時代に発行された紙幣で、額面以上の買取価格が付くような価値もないと思われがちですが、種類や状態等よっては額面以上の買取価格が付く場合もあります。

板垣退助100円札の種類

板垣退助100円札は発行時期によって、「最初期・前期・後期」の3種類に分類することができます。

初期に発行された板垣退助100円札ほど価値が高く、額面以上の高価買取が期待できます。それぞれの見分け方としては、お札に記載された記番号(お札に印刷されているアルファベットと数字の組み合わせのこと)が、先頭のアルファベット1桁なら《最初期》。先頭のアルファベット2桁で、紙幣の色が茶褐色なら《前期》、それが全体的に白っぽい色なら《後期》であると見分けることができます。

板垣退助100円札の種類の中では、《最初期》にあたる記番号の先頭のアルファベットが1桁かつ、未使用品が「最も価値が高い」ということになります(プレミア価値については下記参照)。

板垣退助100円札で価値があるもの

板垣退助100円札の種類について上述しましたが、他にプレミア価値が高い板垣退助の100円札があるのをご存知でしょうか。代表的なものといえば、帯付き(帯封)、エラープリント、希少な通し番号、裁断ズレ、福耳付きなどが挙げられます。特にエラープリントやレアな通し番号の板垣退助100円札は、高価買取も期待できます。

帯付き

板垣退助100円札には、「帯付き(帯封)」と呼ばれる紙幣100枚の束が存在します。さらに、紙幣1000枚が束(100枚束×10)となった「赤帯付き(官封)」も存在し、レアな紙幣としてプレミア価値が付いています。もし、この中に「ゾロ目」などの珍しい番号が含まれていると、より高価な買取価格が付きます。

エラープリント

印刷がずれていたり、本来裁断されるはずの部分が残っていたり、逆に裁断されてしまってサイズが通常のものと違う紙幣のことを「エラープリント」をいいます。 中でも”福耳エラー”と呼ばれるお札の裁断時に生まれるエラー紙幣は、大きくわかりやすいエラーであればあるほど希少性が増すため、買取価格も上がりやすくなります。

希少な通し番号

記番号によって100円札の種類を見分ける方法を上述しましたが、記番号の中には珍しい数字やアルファベットの並びがあり、そのような希少な通し番号には驚くようなプレミアが付くケースもあります。例としては下記の通りです。

  • ・連番:B123456A(番号が連続して並んでいる)
  • ・ゾロ目:C111111D D333333E E777777F(通称 ラッキーセブン)
  • ・開始記番号(AA券): A○○○○○○A(最初期の中でも特に希少)

その他に「プレミア価値」が付くもの

プレミア価値のある板垣退助100円札は他にもあります。

例えば、”000001”や”100000”などのキリの良い数字、 “B○○○○○○B”のように始めと終わりのアルファベットが同じ「サンドイッチ番号」、”ZZ○〇〇○○○Z”のようにZZから始まりZで終わる「ラスト番号」は高い人気を誇り、通常の板垣退助100円札よりも買取相場は高くなります。

まとめ

今回は「板垣退助が絵柄の100円札に価値はあるの?」というテーマについて、ご紹介させていただきました。

板垣退助の100円札は他の古銭と比べると比較的、近年に発行された紙幣ですが、種類や状態などによって価値が変わるのが特徴です。 さらに、帯付き、エラープリント、希少な通し番号などのプレミア価値も加わることで、板垣退助100円札の価値はより高くなります。

日晃堂では価値の高い板垣退助100円札の買取には自信がございます。 古銭の買取経験が豊富な査定員が、お客様の大切な板垣退助100円札をお買取りさせていただきます。 板垣退助100円札以外の買取も行っておりますので、気になる古銭があればご遠慮なく日晃堂までお問い合わせください。

古銭には精巧な贋作も多いため、査定員の質が悪ければお客様の大切な古銭をしっかりと査定することができません。 だからこそ、古銭の買取を専門に行う日晃堂では、お客様からの相談をきっかけとしたお問い合わせも積極的にお受けしております。

古銭の査定料や出張料は完全無料ですので、お気軽に日晃堂までお問い合わせください。

骨董品買取実績はこちらです

記事カテゴリー

トップへ戻る