骨董品・美術品買取専門店【日晃堂】は骨董品であれば、価値を目利きしどのような状態でも高価買取いたします!



      2018/05/15

茶道具相場
茶道具相場

茶道具の相場は素人には調べることはできません

遺品などで古びた茶器を手に入れたけれども食器棚の奥にしまいこんでいる方、お祝いに立派な茶碗を頂いたけれども箱から出さずにしまい込んでいる方、茶道でも嗜んでいない限り茶器なんてただの無価値な食器などにも見えますので、ついつい何かのきっかけで処分をしようとします。しかし、それは大変もったいない事をしているかもしれません。

どうせ使用しないなら、「こんな古びた食器に価値なんて無い」などと思わずに買取業者へ査定の依頼をしてみることをおすすめします。そうする事で、思わぬ茶道具の相場の高さに驚かれるかもしれません。

もし茶道具の相場を調べたいと思い、自分で茶道具の相場を調べてもなかなか答えに行き着く事が出来ないと思います。それはこの相場価格は様々な側面から導き出す価格なので素人には調べる事は出来ないからです。

素人には茶道具の相場を調べる事は不可能と言っても過言ではありません。

そう言い切れる理由としては次の様な理由が挙げられます。

ネットに情報がない

近年のブランド物のバッグや時計などとは異なり、古い茶道具の相場はネットではほとんど見つける事が出来ません。
それは価値のある茶道具は同じ作品でも優劣があり、基本的に一点物なので類似作品での実績が見つける事が出来てもそれは参考相場にすらならない事も多々ございます。

図書館等の本を借りて調べる手段もありますが、本に書いている値段の情報も相場でなく参考価格なので相場とは意味合いが異なります。ヤフオク等のネットオークションの落札情報を茶道具の相場として参考にするには、情報の整合性に欠けていて参考にすべきではありません。

実質、現在の茶道具の相場情報をネットや文献で見つける事が出来ないのが現状です。

骨董品の相場は時価と市場である

例えば、柿右衛門という有名な作家の茶碗があるとします。これをAという市場で現在と1年後に販売した場合は相場も現在と1年後では異なった相場になります。それが、A、B、C、Dと調べる市場を増やしていくと全てのパターンで相場は大きく変わってきます。市場が変われば集まる人間が変わるので、価値のつけ方も様々になります。この様な現象が起こるのは理由があります。

「現在と1年後で相場が異なる」理由としては、
まずその柿右衛門の茶碗がどうしても欲しい人がいれば相場を超えた価格でも売れます、そこまで需要がなければ良い値はつかず売れにくくなります。ブームにより人気に火が付けば相場自体が一時的に跳ね上がりますので、時期背景や状況によって相場が変動するからです。

「市場で相場が異なる」理由としては、
市場によって力を入れている品目が異なってきますので、力を入れている品目の市場に合わせて出品する方が需要が高い為、基本的には高く売れます。また、市場は日本国内のみならず海外にも数多く存在し、市場によって特色が異なり、集まる人間も大きく異なります。
つまり、市場が異なれば需要においても大きく異なる為、市場によって茶道具の相場が異なるのです。

茶道具の相場が高いか安いかはある程度判断できても時価や高く売る事ができる市場などは茶道具の業界にいる人でない限り簡単に相場算出できないのです。

様々な市場での販売事例を基にしている

素人には不可能なもう3つ目の理由が茶道具のトレンドです。
上記の品物自体の持つ価値相場をベースに考えて、実際に現在世界中で行われているオークションでの落札価格や骨董品市場や茶道具市場での取引価格、取引件数からその商品の現在のトレンドを導き出し、基本の相場と掛け合わせる事で現在の時価相場を算出します。

これは日々大量の骨董品取引を行い、骨董業界に精通した私たち茶道具の買取業者でないと不可能に近い作業となります。

茶道具の相場が知りたければ、専門家に聞くしかありません

ブランド品のバッグや時計の様に価格がわかりやすいものであればネットでいくらでも相場を調べられますが、茶道具の相場は素人に調べる事ができません。

その茶道具の作者の品物がどれくらいの価格でやり取りされているかインターネットで調べる方法もあります。ただ明らかな鑑定書でも無い限り作家名を突き止めるという作業も素人にはかなり困難なことですし、署名が入っていても古い作品を買取となれば判読することすら難しいでしょう。さらに言えば高名な作家の作品には贋作がつきものですから、苦労して調べてもいざ査定に出した時に贋作だと判明するといったケースもあります。

茶道具の相場を知るための確実な方法は実際に骨董品専門の買取業者に査定を受けてみることです。

茶道具の世界は本当に奥が深く興味のない方にとっては価値判断の難しい世界です。
例えば

「ただの古くてお菓子の雪の宿みたいな茶碗!もしかしたらそれ、三輪休雪(みわ きゅうせつ)の鬼萩茶碗かもしれません。」
「家に昔からあるけれども使用方法がわからない漆塗りの蓋物容器!もしかしたらそれ飛来 一閑(ひき いっかん)の黒一閑張小棗かもしれません。」

といったような「高くなさそうに見えても非常に相場の高い茶道具」といった眠ったお宝が出てくる可能性は0ではありません。
日光堂では無料で骨董品の相場の相談から受け付けますので、まずはお気軽にお電話にてご相談ください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 - / /

茶道具買取なら、
その価値を丁寧に査定

茶道具買取は【日晃堂】にお任せ下さい。昔から家にあるものが、高額な骨董品だった…なんて良くお聞きします。茶道具であれば茶碗、鉄瓶、香炉、棗、また煎茶道具など状態を問わず、どこよりも茶道具を高価買取いたします!いつでも無料鑑定をご利用ください。

買取申込、ご相談、査定の依頼など

骨董品のことならお気軽にお問合せ下さい

0120-961-491
受付時間
9:00~20:00
(年中無休 ※年末年始除く)

記事カテゴリー

トップへ戻る