【感染対策について】
新型コロナウイルスへの対応をまとめたページを更新いたしました。詳しくはコチラよりご確認ください。

骨董品鑑定と査定の違いとは?

TOP

   

骨董品鑑定とは?
骨董品鑑定とは?

骨董品の世界でよく聞く【鑑定】と【査定】という言葉ですが、実際に骨董品の【鑑定】と【査定】を混同して考えられている方は多くいらっしゃいます。なんとなくは知ってはいるけど細かな違いを気にせずに使用したりしていませんか?

TVなどでも専門の鑑定士に鑑定してもらい「鑑定額●●●万円!!」などで大喜びしているシーンをよく観ますが決してあの価格で売却できる訳ではありません。私たち日晃堂もお客様からお問合せをいただく中で、骨董品の【鑑定】と【査定】の違いについてご説明する機会がありますので、この機会にこの【鑑定】と【査定】の違いについてご説明させて頂きます。

骨董品の【鑑定】と【査定】の違いを簡単にいうと

  • 鑑定は「本物か贋作か」「骨董品の市場価値」を明らかにする事
  • 査定は「市場価値を基に買取業社が買取する価格」を明らかにする事

では、もっと具体的に鑑定と査定の違いについて説明します。

骨董品の鑑定について

骨董品の【鑑定】とは価値の不明瞭なものに【鑑定人の権威と信頼性を基に価値を明らかにすること】です。
要約すると鑑定とは【骨董品の詳細と市場価値を明らかにする事】です。
分かりやすい例を挙げてみます。

仮にあなたの家に有名作家「柿右衛門」の茶碗があったとします。柿右衛門の茶碗は価値も高い為、贋作も溢れていますので、まずは本物かどうか【鑑定】が必要になります。鑑定方法はざっくり言いますと、「色使い」「焼きの仕上がり」「素材の違い」などから本物の柿右衛門の作品との違いを比べます。もし本物であった場合その作品の質から【市場価値(鑑定評価額)】を算出します。
これが鑑定の流れです。

贋作と本物は一般の方が見ても大きな違いを感じ取れないので「そんなもので贋作か分かるの?」と思われますが、きちんと本物を知っていれば分かります。逆に言うと、本物を知らなければ分からないという事ですので、いかに本物を知っているかが重要になってきます。
骨董品の鑑定は知識に加えて経験によるものが大きいという事です。

3つの価格の違いについて

補足ですが、鑑定は【市場価値】を算出すると言いましたが、他に【取引価格】と【買取価格】があり、この3つは次のような違いがあります。

  • 市場価格・・・骨董品が市場でエンドユーザーに売れるであろうという指標価格
  • 査定価格・・・市場価格を基に算出した、業者がお客様から買取する価格
  • 取引価格・・・実際に市場でエンドユーザーに売れた価格

この価格に関してポイントが2つあります。
1つは市場価格は骨董品買取業者によって統一されていないという点です。
例えば、海外含めて20の市場を扱っている骨董品買取業者と国内に3つ市場を扱っている骨董品買取業者であれば、扱っている市場が多い骨董品買取業者の方が市場価格は高くなりやすいです。同じ品物でも市場が変われば販売価格も変わるからです。
販売経路が多い骨董品買取業者の方が高く売れやすいというのはこれが理由です。

もう1つは取引価格=市場価格ではないという点です
骨董品の取引価格は基本的に時価ですので骨董品の【市場価値】が100万と鑑定されても、実際の【取引価格】は80万で取引される事もあれば、200万で取引される事もあります。
3つの価格は関連性はあれど同じ価格ではないという事を知っておいてください。

骨董品の査定について

骨董品の査定は市場価格を基に作品を評価して金額をつけることです。市場の需要と供給、作品の図柄の良し悪し、劣化がないか状態を鑑みて評価していきます。その為、上記でも言いましたが販売できる市場を多く持っている買取業者の方が高い査定価格がつきやすいと考える事ができ、また、専門的な鑑定眼をもつ査定員の方が査定価格の指標となる鑑定価格を見抜いてくれるので、高い査定をして安くなります。

極稀にですが、「知識がない査定員が勘違いで高額な査定をする可能性はないの?」と聞かれることがありますが、その可能性は極めて低いと言えます。理由は、還俗として「分からなければとりあえず安い金額で査定」というのが鉄則だからです。
ここで重要な点として、査定価格が鑑定価格を上回ることは基本的にはありません。理由は、買取業者は査定価格で買取し、市場価格で販売し、その差額で利益を得る事を指標としているからです。

骨董品買取業者の上手に利用して鑑定を

こういう事を私たち骨董品の買取業者がいうのもおかしい話ですが、骨董品を無料で鑑定したければ骨董品の買取業者を利用するというのも一つの手段です。

私たち骨董品買取業者が行うのはあくまでも【査定】ですが、骨董品の査定を行う際には【鑑定】を行ったうえで査定価格を算出する事が原則だからです。査定価格を提示する際にはその骨董品がどういう骨董品なのかも説明もしますので、どういう骨董品なのかは明らかにすることができます。
ですので、「骨董品の価値を知りたい」と思われれば査定依頼を頼んでみるのもおすすめです。

遺品整理等でたくさんの骨董品が出てきた際も出張査定サービスを利用すればまとめて骨董品の価値を知ることもできます。
もし「買取してもらう気がないから業者に相談は気が引ける・・・」とお考えならば日晃堂にご相談ください。
日晃堂は専門の鑑定眼を持つ査定員が数多く在籍しており、無料でご相談からお受けしておりますので、「もし・・・」と思えばお気軽に日晃堂までご相談ください。

記事カテゴリー