骨董品を査定するポイントをご紹介します

TOP

   

骨董品を査定
骨董品を査定

「骨董品を査定」といわれても、「骨董品の何を視て査定をしているのか?」と聞かれたら、骨董品に興味のない方にとってはよくわからなくはないでしょうか?実際に、骨董品の査定価格を伝えたときに、お客様から「想像以上の査定価格で驚いた」という言葉をいただく事も珍しくないですが、「どうやって骨董品の価値を決めているのですか?」という言葉もよくいただきます。

骨董品の査定について気にされるお客様も多くございますので、この場で日晃堂が骨董品の査定を行う際にどういったポイントを査定して価値を決めるのかを説明していきます。

そもそも骨董品の【査定】と【鑑定】は異なります

早速、骨董品の査定内容について説明していきたいのですが、先に一点、意外と多い質問である「骨董品の査定と鑑定の違い」について簡単に説明しておきます。
骨董品と査定と鑑定の違いは次のようになっています。

  • 骨董品の【査定】というのは、買取業者がいくらで買取できるかを品定めする事です。
  • そして、骨董品の【鑑定】とはあくまでも骨董品自体の価値や真贋を見極める事です。

要は【査定】は買取価格を算出し、【鑑定】はどういう品物かを明らかにする行為という事です。
では、骨董品の【査定】と【鑑定】の違いについて説明したところで、骨董品の査定ポイントについて説明していきます。

骨董品の査定のポイントは主に3つのポイントがあります。

1:骨董品の作品的価値を品定め

まず、査定依頼のあった骨董品に対して専門的な鑑定眼を持つ査定員が品定めをします。例えば茶碗の場合、どの様な作家の茶碗、どの様な場所で作られた茶碗、どの様な技法が使われている茶碗なのか、そして、それが本物かどうかをみていきます。

骨董品は無価値に見えて高価値な骨董品や、逆に高価値に見えても贋作(偽物)でほとんど無価値の骨董品も数多くあり、更には鑑定書が発行されている骨董品でも実は贋作だったという場合がございます。ここの判断をきっちりできなければ、仮にお客様が高い価値を本物の骨董品をお持ちだったとしても、安い査定しかできなくなりますので非常に重要な査定ポイントです。

有名作家の茶碗が贋作であった場合、査定価格は週十万円~数百万円単位で変わる事もございます。

もし、鑑定眼が未熟な査定員が本物か贋作か見分ける事が難しい骨董品を査定した場合、非常に残念査定結果になります。
査定員の鉄則というべき行動なのですが、骨董品が本物か決断できない場合は贋作を前提に査定をする事になるからです。
理由は、贋作を本物として購入すると100万円以上の赤字を生み出しかねないので、リスクヘッジとしての行動という事です。

だからこそ、日晃堂では専門的な鑑定眼をもつ査定員が品定めをするようにしています。

2:骨董品の状態を確認

次に行う事は劣化状況といった状態の確認です。
実はここも難しいポイントでして、骨董品は中古の状態が基本ですので、例えばブランド品のように新品と区別する事ができません。また年を重ねるからこそ生まれる芸術価値というものもございます。

骨董品の種類にもよりますが、骨董品の状態を正しく査定できるかどうかで査定価格には大きく影響する事もございますので、非常に繊細な判断が求められるポイントです。

また、一般の方でも判断できるような骨董品のコンディションも重要です。
欠けや染み、ヒビやくすみなど、品物によって状態の確認は変わりますが、本来の品物の状態から正当な範囲と言えない劣化であれば査定価格は下がります。また、修理の有無等もこの時点できちんと確認し査定をします。
鑑定眼に長けた人間は作品を見ただけで金継ぎなどの履歴も判断できるため、ひび割れや修理の有無などを無理に隠す必要はく、ありのままの状態で査定を依頼する事をおすすめします。

3:市場価格の算出

最後に行うのが、ここまで鑑定させてもらったお客様の骨董品を日晃堂がもつ世界規模の販売経路(市場)で、いくらで売れるかという市場価格の算出です。骨董品の査定価格は、骨董品買取業者の持つ販売経路の中で最も高く販売できる市場を確認し、その価格から逆算して提示するのが、【骨董品の査定価格】になります。

査定価格が高くなるかどうかは骨董品買取業者どれだけ高く売れる販売経路(市場)を持っているかも重要になります。

骨董品査定ポイントのまとめ

ここまで説明した査定内容をまとめると次の通りになります。

  • 1:骨董品の価値を明らかにする
  • 2:骨董品の状態を確認する
  • 3:いくらで再販売できるか(市場価格)を確認する
  • 4:市場価格を基に査定価格を伝える

このような流れです。
意外と文字にするとシンプルなのですが、実際行うためには骨董品の膨大な専門知識と経験、市場で販売するプロのノウハウが必要であり、更に大変な事は、これらの専門的な情報はネットなどで簡単に情報を探すことができません。
この事から、骨董品は興味のない方の独学で査定価格や価値を見出すことは非常に困難です。

骨董品の査定は知識と経験・実績が全てです。
これから骨董品の査定依頼を考えられている方は、実績が豊富であり、なおかつ専門的に骨董品を視れる査定員や鑑定士が在籍している骨董品買取業者に依頼する事をおすすめします。

私たち日晃堂も幅広い分野の骨董品に対して専門的に視れるスタッフや買取実績にも自信がございます。
「まずは無料相談から・・・」というお問い合わせも喜んでお待ちしておりますので、気になる骨董品の査定や相談をお考えでしたらお気軽にお問い合わせください。

記事カテゴリー

トップへ戻る