骨董品・美術品買取専門店【日晃堂】は骨董品であれば、価値を目利きしどのような状態でも高価買取いたします!



      2016/09/15

2101_2

【国宝:雪松図屏風(三井記念美術館所蔵)】

 

円山応挙(まるやまおうきょ)

円山応挙は江戸時代中期に京都で活躍した代表的な作家で、近代京都画壇の原点となっている円山派の始祖です。

「仕立て」「片ぼかし」など没骨法の技法を用いて、目の前の対象形態的特徴を捉え表現する写生画様式を確立し、その様式から生まれる作品は多くの人々を魅了し【写生派の祖】と言われるにいたりました。

国宝【雪松図屏風】では幹部分に応挙の代表的な表現技法と言われる「仕立て」を用いて松の自然な立体感と質感が描写され、枝葉部分には「片ぼかし」を用いて降り積もる美しい白雪を、朝日により輝く新雪を金泥による黄金の粒によって表現されています。冬の朝の美しく清涼な空気感を観る者へ感じさせるこの作品は、まさに応挙の最高傑作と言えます。

ちなみに応挙という名は1766年に名乗り始めたもので、これは中国の大家に負けない作品を生み出すという意味があるそうです。

日晃堂では豊富な経験と知識を持った掛軸専門の鑑定士が、円山応挙の作品を正確に鑑定し、適切な査定額をご提示させていただきます。応挙の掛軸・日本画の買取ならお気軽にご相談ください。査定料・相談料などは全て無料です。

円山応挙の代表作

『雪松図屏風』
『龍門鯉魚図』
『四季遊戯図巻』
『藤花図屏風』
『孔雀牡丹図』
『狗子図』
『大乗寺障壁画』
『藤花図屏風』
『写生図鑑』
『雲龍図屏風』
『鯉図』

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 - / /

掛軸買取なら、
その価値を丁寧に査定

掛軸買取なら掛軸専門鑑定士がいる【日晃堂】にお任せください。掛軸であればどのような状態でも真贋鑑定の上、高価買取いたします!手数料無料の出張査定もご利用ください、地方にお住まいの方でもご相談に応じ、お伺い致します。日本画だけでなく中国掛軸も高値で買取します。

買取申込、ご相談、査定の依頼など

骨董品のことならお気軽にお問合せ下さい

0120-961-491
受付時間
9:00~20:00
(年中無休 ※年末年始除く)

記事カテゴリー

トップへ戻る