珊瑚の鑑定について紹介します



      2018/05/15

珊瑚の鑑定
珊瑚の鑑定

珊瑚の鑑定と査定の違いについてご存知ですか?お客様から問合せをいただく中で、珊瑚の【鑑定】と【査定】の違いについてご説明する機会がございますので、この機会に【鑑定】と【査定】の違いについて説明します

珊瑚の鑑定

珊瑚の【鑑定】とは価値の不明瞭なものに【鑑定人の権威と信頼性を基に価値を明らかにすること】です。ここでつけられた価値が【市場価格】となります。

よく誤解される方がおられますが、これは【買取価格】とは異なったものです。端的にいえば買取業者が【お客様に販売する価格】であって【お客様から買取する価格】ではないというのが重要なポイントです。鑑定士に鑑定してもらった鑑定額で骨董品買取業社に売る事は出来ないでしょう。

それではどのように見定め、鑑定するかですが、最も重要なポイントとしてその珊瑚が天然物か偽物かを確認します。珊瑚は昔から非常に希少価値の高い宝石だとして重宝されていることから、その分偽物も多く出回っています。また、天然であったとしても、希少価値の低い珊瑚を使って加工していたりする場合もあります。珊瑚は不透明であることから素人目には価値を判断しにくい宝石だとも言われています。

●真贋の見定め

珊瑚は希少価値の高い宝石であるため、ガラスや竹珊瑚、プラスチック、樹脂などの表面に塗料を塗って加工した、偽物が出回っています。珊瑚は不透明な宝石のため、珊瑚について知らない人にとっては見分ける事は難しいのが事実。
天然の珊瑚(宝石)は触ると冷たく、熱を加えても熱くなることはほとんどなく、偽物珊瑚の多くは表面のみをコーティングしているので、偽物の断面の中央部は白くなっています。

●カラーグレードの確認

赤珊瑚のカラーグレードは「色味・色ムラ・ヒ・フ・白濁・キズ」などの点を、5段階で評価します。Sを最上級とし、S>A>B>C>Dの順にランク分けされます。一般的に「血赤珊瑚」は5~4までのカラーのことを指します。

  • 【S】傷や色ムラがなく、光沢面での欠点が肉眼では確認できないもの。
  • 【A】わずかな傷や、色ムラ等の欠点があるものの、肉眼では容易に確認できないもの。
  • 【B】傷や色ムラなどの欠点が、肉眼で確認できるもの
  • 【C】クラックが、やや目立つもの。傷や色ムラが肉眼で確認できるもの。
  • 【D】クラックや色ムラ、傷等の欠点が明らかに目立つもの。

宝石珊瑚の色幅は広く、暗い赤色から淡いピンク色まで多岐に渡ります。その中でも、最高級品と称される珊瑚は、「血赤珊瑚(チアカサンゴ)」と呼ばれるもの。赤黒い、「血のような色味」をしています。特に、高知県近海(土佐湾)で採れる血赤珊瑚は、世界的に大変希少な最高級品と位置づけられています。

●色ムラの確認

珊瑚はフや、色ムラがなく、単一な色調のものほど、高値がつきます。逆に、白濁があったり、マーブル模様のような珊瑚は、高値が付きづらい傾向にあります。

●くぼみ、傷

天然珊瑚は、自然界で作り出されるもののため、表面には僅かな傷や、凹みがあります。この傷穴や、くぼみ、凹みなどがなく、艶やかなものほど価値が高いと言われています。

●産地の確認

天然の場合は基本的に日本産の珊瑚がグレードが一高いと判断されます。その中でも、高知県近海(土佐湾)で採れる血赤珊瑚は、世界で最も価値のある珊瑚だと評され、非常に高額になります。日本産の珊瑚は、希少価値が高いというだけでなく、日本の高い技術によって加工されたというのも評価されます。

●購入場所

一概に言えませんが、インターネット通販や露店などの一時的な店舗で購入した珊瑚は偽物である確率が高いと言われています。数万円程度の安い価格で購入した珊瑚ならなおのこと。日本産の天然珊瑚であれば、全日本珊瑚漁業協同組合の鑑別書があれば、まず偽物ではないと考えて良いでしょう。


鑑定は以上のようなポイントを確認して価値を判断していきますが、これらは経験のあるプロの鑑定士でなければ正確な判断の出来ない大変難しい作業です。

珊瑚の査定

【珊瑚の査定】とは骨董品買取業者が提示する【お客様から買取する価格】です。こちらの査定額というのは鑑定額を上回ることはありません。マーケットの需要と供給、鑑みて評価していきます。

業者の持つ販売経路(海外・国内オークションや骨董市場等)の中で最も高く販売できる市場を確認し、その価格から逆算して査定価格を提示します。珊瑚のような世界中で親しまれ、かつエリアによって人気の種類に差異のある製品は販売経路を多く持つという事が非常に重要になってきます。血赤珊瑚はアジアで人気で、桃色珊瑚はヨーロッパで人気といった具合です。両方に販路を持つことは高く再流通させる為の必須条件なのです。

高く売る事が出来る業者に査定を依頼すると高く売る事が出来ない業者よりも査定額が高くなる傾向にあります。

珊瑚買取業者の上手に利用して鑑定を

こういう事を私たち買取業者がいうのもおかしい話ですが、珊瑚を無料で鑑定したければ珊瑚の買取業者を利用するというのも一つの手段です。私たち珊瑚の買取業者が行うのはあくまでも【査定】ですが、珊瑚の査定を行う際には必ず専門の鑑定士が【鑑定】を行ったうえで査定価格を算出します。
※ただし鑑定証の発行等は行っていません。

早めに鑑定だけでもしてもらう事で珊瑚の計画的な売却にも繋がりますので、遺品整理などでたくさんの珊瑚が出てきた際にはせっかくの品物を壊さないためにも買取業者の査定サービスを利用してみても良いかもしれません。日晃堂は専門の鑑定眼を持つ査定員がまずは無料でのご相談からお受けしております。

私たち日光堂は専門の査定員と海外を含めた豊富な販売経路等にも自信があるのでお客様からの査定のみからのご相談もお待ちしております。

また、日晃堂では査定のみのご依頼に関しても喜んでお待ちしています。もちろん無料で対応させて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。あなたの大切な珊瑚を売るのであれば、どこよりも珊瑚を高価買取する自信がある日晃堂にお任せください!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 - / /

珊瑚買取なら、
その価値を丁寧に査定

ネックレスや置物の珊瑚を高価で買取させて頂いております。血赤珊瑚、土佐珊瑚などに限らず、骨董品として査定いたしますので高額で買取も可能です。珊瑚の買取は出張もいたしておりますので、無料査定をご利用下さい。

骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

メールボタン
選べる買取方法
  • 出張
  • 宅配
  • 店頭
スマホから送る
QRcode

QRコードを読み取るとスマホ申込フォームから簡単に写真が送れます!

記事カテゴリー

トップへ戻る