竹内栖鳳の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により竹内栖鳳の作品であれば買取に自信がございます!

竹内栖鳳の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

竹内栖鳳絵画

竹内栖鳳(タケウチセイホウ) 1864年-1942年


竹内栖鳳は戦前の京都画壇を代表する日本画家。近代日本画の先駆者と言われており、画歴は半世紀にも及ぶそうです。


竹内栖鳳(本名:竹内恒吉)は、京都の御池通油小路の川魚料理屋である「亀政」の長男として誕生しました。
若くして既に絵に対して強い関心を持っていた栖鳳は、10代にして早々に四条派である土田英林に絵を習い始めます。そして栖鳳が17歳の時には四条派の名手として知られていた幸野楳嶺(明治初期の日本画家)の私塾へ正式に入門することとなります。この頃から栖鳳の才能は芽を見せ始め、翌年には私塾の工芸長となります。その際、栖鳳は「楳嶺四天王」(栖鳳を含めた都路華香・菊池芳文・谷口香嶠の4人を指す言葉)の筆頭とまで呼ばれるようになりました。


栖鳳が絵師として独立をしたのは23歳の時の結婚がきっかけ。同年には画学校を修了し、京都の若手画家の先鋭として名を馳せていきます。36歳の事には7ヵ月という期間を掛けてヨーロッパを巡り、ターナーやコローなどから強い影響を受けたそうです。


そんな栖鳳の画風の特徴は何といっても作品から感じ取れるその存在感ではないでしょうか。動物を描けばその匂いまで描くといわれる栖鳳の作風には圧倒的な描写力を感じます。四条派を基礎としていますが、狩野派など他にも西洋の実写画法を積極的に取り入れた栖鳳。その革新的な画風は日本画界の一翼を担いました。
積極的に画法を取り入れる栖鳳に保守派は「鵺派(空想上の生き物。この場合寄せ集めを指す)」と揶揄しましたが、そんな言葉を凌駕するほど栖鳳の作風は迫力を備えており、近代を代表する日本画家であることは間違いないでしょう。



【竹内栖鳳・代表作】

  • 『班猫』
  • 『アレ夕立に』
  • 『大獅子図』
  • 『絵になる最初』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る