小杉放庵の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により小杉放庵の作品であれば買取に自信がございます!

小杉放庵の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

小杉放庵絵画

小杉放庵(コスギホウアン) 1881年-1964年


小杉放庵は明治から昭和にかけての日本人洋画家。


放庵(本名:小杉国太郎)栃木県にある二荒山神社の神官・富三郎の子として誕生します。 父は神官を務めると同時に国学者でもあり、日光町の長という務めも果たしていました。 放庵は日光に在住していた五百城文哉(洋画家)の元に弟子入りし、内弟子となります。ですがしばらくして放庵は五百城に無断で抜け出してしまい、そのまま上京して洋画研究所へと入ります。 しかし、放庵はここに馴染むことができず、同時に肺尖カタルも患ってしまったために再び五百城の元へと戻ることになりました。再び上京する際には五百城の許可を取り今度は太平洋画会に入会し作品を出品するようになっていきます。


明治36年に放庵は近時画報社に籍を置き、挿絵や漫画に携わるようになります。 日露戦争が始まった頃には「近事画報誌」の従軍記者として戦地に行き、ユーモラス溢れる漫画的な絵や、迫力ある戦闘画を描き「近事画報誌」の人気へと大きく貢献したといわれています。明治41年の頃には文展に出品し、「水郷」や「秋の豆」をタイトルにした作品が5回展、6回展と立て続けに2位となる功績を納めました。 元々洋画を主としてやっていた放庵でしたが、大正2年にフランスへ留学した当時現地で「十便図」を見たことがきっかけで日本画にも触れ、、留学した翌年には墨絵を描き始め、洋画・日本画両方を手掛けるようになったとされています。


放庵が入選し始めた頃の作風は東洋的なロマンス主義の傾向にあり、漫画では当時流行していた「アール・ヌーヴォー」や「岡本一平」の形式を取り入れ、大きく影響されていたといわれています。


【小杉放庵・代表作】

  • 『炎帝神農採薬図』
  • 『山幸彦』
  • 『老子出関』
  • 『放庵画集』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】

買取申込、ご相談、査定の依頼など

骨董品のことならお気軽にお問合せ下さい

0120-961-491
受付時間
9:00~20:00
(年中無休 ※年末年始除く)
初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る