速水御舟の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により速水御舟の作品であれば買取に自信がございます!

速水御舟の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

速水御舟絵画

速水御舟(ハヤミギョシュウ) 1894年-1935年


速水御舟は大正期から昭和初期を代表する日本画家です。
当時日本画の表現になかった徹底した写実と細密描写の時を経て、代表作である「炎舞」のような象徴的・装飾的な絵を描くようになりました。


速水御舟(本名:蒔田栄一)は、東京都の浅草で時田良三郎の次男として誕生しました。
育英小学校高等科へ入学した御舟は既に幼少期の時から絵に対して興味を抱き、卒業をすると近くに住んでいた容斎派である画家、松本楓湖の安画堂画塾へと入門しました。
この時画塾に入塾したきっかけというのが、御舟が自宅の襖に描いた群鶏を楓湖の執事・神谷穀が見てその画才に感心し、入塾を勧めたからだそうです。
御舟は尾形光琳や俵屋宗達などの作品模写に励みつつ、同門の仲間達と団栗会を結成します。そして同門の仲間と一緒に近郊を写生しながら散歩したしたとのことです。


御舟の画に対する熱意は目を見張るものがあり、20代の頃に市電に左足を轢かれ切断という災禍に見舞われてしまいますが、それでも画への熱意が衰える事なく、精力的に活動を続けました。
それから二年後、御舟は長年の友人であった吉田幸三郎の妹と結婚します。この頃御舟は洋画家である岸田劉生の影響を受けており、陶磁器や果物など材質感を感じさせる当時日本画には見られない写実的な静物画を描きました。 御舟が30代の頃には横山大観夫妻や大智勝観達と渡米をし、ヨーロッパ各地を巡ります。その後日本に帰国し、御舟は新しい表現方法の模索を行いました。その甲斐もあり、御舟は数々の名作を発表します。初期には「新南画」と言われた今村紫紅の影響を受けており、西洋の写実技法や琳派の装飾画の構成など様々なものを取り入れ続け、独自の画法を開拓していきました。


【速水御舟・代表作】

  • 『炎舞』
  • 『名樹散椿図』
  • 『京の舞妓』
  • 『翠苔緑芝』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】

買取申込、ご相談、査定の依頼など

骨董品のことならお気軽にお問合せ下さい

0120-961-491
受付時間
9:00~20:00
(年中無休 ※年末年始除く)
初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る