鏑木清方の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により鏑木清方の作品であれば買取に自信がございます!

鏑木清方の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

鏑木清方絵画

鏑木清方(カブラキキヨカタ) 1878年-1972年


鏑木清方は明治から昭和初期にかけて代表する浮世絵師であり日本画家。 近代日本の美人画家として知られており、美人画家を代表する上村松園や伊藤深水と並んで称されています。


清方(本名:鏑木健一)は東京の神田に誕生しました。清方の父は『東京日日新聞(現在の毎日新聞)』の創始者の一人、戯作者・ジャーナリストなど様々な分野で名を馳せた条野 採菊。清方は父に多大な影響を受け、幼い頃から文芸を身近に感じて育ちました。
14歳の時、清方は浮世絵師の系譜を引く水野年方のところに入門し、日本中学をやめて画家に専心することにしました。17歳の頃には父が経営していた「やまと新聞」にて挿絵を描き、プロの挿絵画家として活躍をしていました。
清方が21歳の時には、第5回となる日本絵画協会展に初めて大作を出品し、その後清方は美人画・風俗画家としての活動を始めます。青年期には泉鏡花(小説家)と知り合い、鏡花の小説に挿絵を描いたことや、幼少時代の環境もあったため江戸情緒及び浮世絵の美と離れることはなかったとされています。
第二次大戦の空襲や、関東大震災の影響により、清方がこよなく愛した明治時代の東京の風景は消え去ってしまうこととなりますが、それでも清方は愛した東京の下町風俗や美人を生涯描き続けたと言われています。


清方の作風はやはり何といっても美人画が目立ちます。風景画など描くも非常に稀で、ほとんどが人物画。そして単なる美人画ではなく明治時代の東京の風俗を写した作品が多く、それが清方の作品の特徴となっています。
挿絵画家出身で、浮世絵のとしての技術も兼ね備えた清方の画面構成は古風なとこも存在しますが、人物の容姿だけでなく、心理的な描写をも描ききる高い技術と近代性、芸術性を持った清方はやはり明治、昭和初期を代表する画家といえるでしょう。


【鏑木清方・代表作】

  • 『一葉女史の墓』
  • 『墨田河舟遊』
  • 『一葉像』
  • 『花びらが舞う中の婦人』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る