田能村竹田の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により田能村竹田の作品であれば買取に自信がございます!

0120-961-491

お電話受付9:00~20:00(年中無休)

田能村竹田の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

田能村竹田絵画

田能村竹田(タノムラチクデン) 1777年-1835年


田能村竹田は江戸時代後期の南画家。
浦上玉堂や頼山陽とも交友関係を持つ竹田は旅をすることを好み、それを重ねて心の目を養いました。
繊細で透明度の高い書画の数々を生み出しており、弟子たちの育成もしっかりおこなったと言われています。


竹田は豊後国直入郡の岡藩の儒医だった田能村碩庵の次男として誕生しました。
藩の財政難が重なり、裕福な家庭ではなかった竹田はこれが理由により生活資金の工面に苦労させられることとなります。
6歳で既に素読を始め、11歳の頃には油学館に入学した竹田は非常に優秀な成績を修めていました。そんな竹田の詩才を見抜いた唐橋君山は竹田を詩文結社の同人として迎えました。


18歳の時に母と兄を亡くしており、竹田はその翌年に田能村家の嫡男となり藩主と対面しました。
竹田が20歳の頃になると淵上旭江(歌川広重にも影響を与えた絵師)の元で画を学び、君山の紹介によって谷文晁から現在でいう通信教育を受けるまでに至ります。
22歳の時には携わっていた医業から辞退して学問に集中することにし、幕命により「豊後国志」の編集に携わりました。
享保元年には編集授業のため江戸へと向かい、その途中で大阪の、木村蒹葭堂(文人画家)を訪ね、江戸では兼ねてより通信講座で世話になっていた谷文晁を訪問しました。


竹田は米友仁や元末四大家らを敬慕していました。旅で多くの人物と交流があった竹田は、自分の絵に固執することなく視野を広げて多くの画風を学んだと言われています。
その画域は花鳥図・山水図・人物図など多岐にわたり、文人画の本質ともいえる写意を表現しました。


【田能村竹田・代表作】

  • 『梅花図』
  • 『四季花鳥図』
  • 『雁来紅群雀図』
  • 『芙蓉残雪図』

※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの掛け軸がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、
他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。
価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。
何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

日本画家 買取リスト

ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
ハ行
マ行
ヤ行
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
ラ行・ワ行

骨董品・古美術品のことなら、お気軽にお問合せください

電話ボタン

お電話受付 9:00~20:00(年中無休)

無料査定・お問合せフォーム
Contact
写真の撮り方を知りたい方は写真の撮り方のページを御覧ください
お問い合せ内容
お名前  名
ふりがな せい  めい
年代
メールアドレス
※フリーメールをお使いの方は返信メールが迷惑メールフォルダに入っている場合がございますのでお手数ですがご確認をお願い致します。
お電話番号
(携帯可)
【例】09012345678
※ハイフンなしで入力して下さい。
郵便番号 ⇒ 郵便番号を調べる(日本郵便へ)
都道府県
市区町村番地など
マンション名など
※出張査定をご希望の方は、お部屋番号まで正しく入力して下さい。
お品物の画像
写真の撮り方はコチラ





※JPG、GIF、PNG形式のファイルを添付できます。(1枚あたり3MBまで)
スマホから送る
QRcode

QRコードを読み取るとスマホ申込フォームから簡単に写真が送れます!

メートボタン
選べる買取方法
  • 出張
  • 宅配
  • 店頭