柴田是真の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により柴田是真の作品であれば買取に自信がございます!

柴田是真の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

柴田是真絵画

柴田是真(シバタゼシン) 1807年-1891年


柴田是真は江戸時代の末から明治中期に活躍した絵師・日本画家。漆工家としてもその名は知られており、近世から近代へと橋渡しをした人物でもあります。


1807年に江戸両国橘町に袋物商(紙入・印籠・煙草入れ)の婿養子だった宮彫師の柴田市五郎の子として誕生しました。父である市五郎は商家に入った彫工として宮大工の仕事に参加した実績のある職人で、浮世絵を好んでおり、勝川春章などを師匠としていました。


是真は11歳の頃に精巧な細工を特色として持っている、職人気質だった古満寛哉より蒔絵を学び始めます。その際一時的ではあったものの、寛哉の親しい友人であった谷文晁より画などの指導を受けたと言われています。しかし、文晁の画風は是真には馴染みませんでしたが、文晁の書風を慕ったとされており、後年是真は文晁の書を愛蔵したそうです。
是真が16歳の頃になると、画工の図案には頼らずに仕事をしたいと考えるようになり、鈴木南嶺より四条派の絵を学びました。
この頃、当時浮世絵師として売り出していた歌川国芳が是真の絵に感銘を受け、弟子入りをしようと試みるものの、是真は始め弟子入りを断ります。しかし、その後弟子として国芳に「仙真」の号を与えたという話が残っているそうです。


是真は特に蒔絵や漆絵に関して独自の世界観を持っている人物でした。
というのも、青海勘七以来絶えていた青海波塗という技法を復活させ、砂張塗や四分一塗、墨形塗、青銅塗など数々の新技法を作り上げたのは「柴田是真」だからです。 江戸っ子気質だった是真は作品にもそれが表れており、漆を使った現在でいうトリックアートとして見ることができる作品(漆絵花瓶梅図)も現存しています。


【柴田是真・代表作】

  • 『四季花鳥図』
  • 『鍾馗に鬼図』
  • 『漆絵花瓶梅図』
  • 『雪中鷲図』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る