寺崎広業の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により寺崎広業の作品であれば買取に自信がございます!

寺崎広業の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

寺崎広業絵画

寺崎広業(テラサキコウギョウ) 1866年-1919年


寺崎広業は慶応から大正にかけて活躍した日本画家。


広業は慶応年に母の実家である久保田藩疋田家老邸の実家で誕生しました。 父の職業上の失敗もあり、横手へと移った広業は祖母の元で育てられた広業は、まだ幼い頃から絵を好み、優れていましたが、貧しかったために10代半ばには秋田に一人で帰り素麵業を営んだそうです。 秋田では医学校に通うも学費が払いきれず、幼い頃より好きだった絵の道を歩むことを選び、16歳で秋田藩の御用絵師だった狩野派である小室秀俊の元に入門。19歳の時に広業は画家への第一歩を踏み出しました。 その後、郡長の配慮によって登記所雇書記となり生活も安定し始めますが、広業の画の道への意思は弱まることなく、当時東京の小石川で薬屋を営んでいた信庸の後押しで23歳だった広業は上京することに決めました。


広業は上京すると平福穂庵の門をたたき、その後4か月後放浪の旅をしました。 阿仁鉱山にて出会った守田兵蔵と再会を果たした広業は、兵蔵の紹介で日光大野屋旅館に美人画を寄贈。この美人画が話題となり広業は画家として名を挙げる事となりました。 1年半で帰郷した広業は東陽堂の「絵画叢誌」で挿絵を手掛けます。ここで広業は諸派名画の数々を模写し、総合的な画法の基礎を身に着けたとされています。


明治37年には日露戦争の従軍画家となり、その時の経験を活かして広業は木版画による多くの美人画、花鳥画、戦争絵を生み出し、当時の軍神だった橘大隊長と知り合うなどの経験を経ましたが、健康に害してしまい、3か月後には帰国しました。


【寺崎広業・代表作】

  • 『秋苑』
  • 『高山清秋』
  • 『歳の市』
  • 『王陽明』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る