小村雪岱の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により小村雪岱の作品であれば買取に自信がございます!

小村雪岱の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

小村雪岱絵画

小村雪岱(コムラセッタイ) 1887年-1940年


小村雪岱は大正から明治職を代表する日本画家。挿絵画家、装幀家、版画家でもあります。


雪岱(本名:小村泰助)は埼玉県の川越市に父・小村繁門、母・もんの長男として誕生しました。
雪岱が幼いころに父である繁門が没し、母が小村家より離縁されてしまったため、両親を失ってしまいます。その際伯父である小村万吉に引き取られ、教養を受けることとなりました。16歳の時に雪岱は画家を志すことに決め、日本画家である荒木寛畝(佐藩の絵所預、東美校教授)の元に入門しました。
東京美術学校の日本画科に入学した雪岱は、下村観山教室の元で古画の模写や風俗考証学び始めます。


1907年には歌川豊国に雪岱が頼まれていた絵の模写を届けた事をきっかけに雪岱が愛読していた小説家である「泉鏡花」と出会います。 実は、雪岱の雅号を与えたのはこの泉鏡花で、1914年には雪岱は鏡花の小説である「日本橋」などの装幀も行いました。以後は鏑木清方と並んで鏡花の作品の数多くを装幀を担当した他、木版多色摺りによる挿絵の仕事も手がけました。


その後小説家である「里見 弴」の挿絵も手掛け、それに留まることなく新聞雑誌の挿絵も担当するなど、雪岱は幅広く活躍していきます。 新聞の挿絵では、黒白のエッジがきいた版画を持ってして、他とは異なる特色を雪岱は見せていました。


雪岱は美人画も手掛けており、浮世絵研究科として有名な橋口五葉よりも浮世絵の雰囲気が色濃く出ていたといわれています。その作品は、「鈴木春信」の影響を受けつつ、幕末末期の美にも通じた作風を醸し出していました。
雪岱の絵は端麗と情趣を以て「昭和の春信」と謳われました。


【小村雪岱・代表作】

  • 『おせん すすき』
  • 『雪の朝』
  • 『夜の雨』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】

買取申込、ご相談、査定の依頼など

骨董品のことならお気軽にお問合せ下さい

0120-961-491
受付時間
9:00~20:00
(年中無休 ※年末年始除く)
初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る