村上華岳の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により村上華岳の作品であれば買取に自信がございます!

村上華岳の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

村上華岳絵画

村上華岳(ムラカミカガク) 1888年-1939年


村上華岳は大正から昭和にかけての日本画家です。


華岳(本名:武田震一)は明治21年に大阪にある北区松ヶ枝町にて誕生しました。 出身は大阪であるものの、家庭の事情により叔母の嫁ぎ先である神戸に預けられ、神戸の小学校で幼少期を過ごします。 明治34年(華岳13歳)に実父が亡くなり、実母は再婚した後再婚相手と行方知れずになってしまい、まだ少年だった華岳が家督を継ぐことになりました。 明治36年になるとは京都市立工芸学校に入学、華岳は画について学び始めます。


華岳は明治41年の時に文展に出品。これをきっかけとし、華岳は作品を展覧会に出品するようになっていきました。京都市立絵画専門学校に在学していた際の卒業制作では『早春』(後に『二月の頃』にタイトル変更)を出品、田園を遠近法を用いて描写しており、明治44年の第5回文展で褒状を受けるという実績を残しています。大正5年には華岳の人生初となる仏画、『阿弥陀之図』を描き、第10回に文化展の特選に選ばれています。


それから2年後に当たる大正7年では、専門学校の同級生であった榊原紫峰・野長瀬晩・小野竹喬・土田麦僊と華岳含む若者を代表する日本画家5人で「国画創作協会」を設立しました。 国画創作協会は文展での審査に疑問持ち、西洋美術と東洋美術が合わさった新しい絵画の世界を目指して掲げたものでした。この試みは、革命運動として美術史上で重視されているそうです。


華岳の描く菩薩や仏は妖艶さと聖性さ、官能美ち悟りという相反するはずのものが調和している不思議な世界観が独特な画風となっており、華岳の仏画は20世紀宗教絵画の最高峰ともいえるそうです。


【村上華岳・代表作】

  • 『日高河清姫図』
  • 『夜桜之図』
  • 『裸婦図』
  • 『空山清高之図』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る