横山大観の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により横山大観の作品であれば買取に自信がございます!

横山大観の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

横山大観絵画

横山大観(ヨコヤマタイカン) 1868年-1958年


横山大観は近代日本画壇の巨匠とされており、「朦朧体(モウロウタイ)」と呼ばれる独特の没線描法を確立した人物でもあります。


横山大観(本名:横山秀麿)は明治元年(1868年)に水戸藩士の長男として誕生しました。 東京英語学校の学齢時代に絵画というものに対して興味を抱き始め、洋画家である渡辺文三郎から鉛筆画を学び始めます。
その後東京美術校に受験する事に決め、その際には狩野芳崖などに教えを受けたそうです。有名な師から何年もかけて教わってきた受験者もいる中、大観が教わった期間は2、3ヵ月程度だったにも関わらず、東京美術校に合格。このことから既に大観の画力やセンスが他より秀でていたということがよく分かります。


大観は美術院での活動の中、春草と共に西洋画の画法を取り入れた新たな画風を昇華するために研究を重ね、没線描法の絵画を次々と発表していきます。 しかし、そんな大観達の先進的な画風は当時の守旧派から烈々たる批判を浴びることとなりました。現在ではその画風を表す言葉として親しく使われている「朦朧体」という呼び名も、当時は「曖昧でぼんやりした勢いのない画風」を表す言葉として批判的に使われる言葉でした。これらの待遇に行き詰った大観達は海外に渡ることにします。 その先で展覧会を開いた大観達は高い評価を得、それが徐々に国内にも伝わり日本でも評価されていくようになりました。これが、守旧派に押され活動が途絶えてしまっていた日本美術院の再興に至る機会ともなりました。


『無我』は大観の作品の中でも特に大観の存在を世に知らしめたものとして有名です。
大観の作品は独特ではあったものの、真似のしやすい作風ではありました。なので、模倣物を描く「田舎大観」(大観の偽物)が多く現れたのが有名とされています。
大観の作品は贋作が非常に多く、現在では本物に「大観番号」というものが付けられ、区別するための処置が行われています。


【横山大観・代表作】

  • 『無我』
  • 『屈原』
  • 『生々流転』
  • 『秩父霊峰春暁』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る