狩野芳崖の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により狩野芳崖の作品であれば買取に自信がございます!

狩野芳崖の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

狩野芳崖絵画

狩野芳崖(カノウホウガイ) 1828年-1888年


狩野芳崖は幕末から明治期の日本画家であり、近代日本画の父と言われた人物。


芳崖は1828年に下関長府印内にて狩野晴皐家に誕生しました。 この狩野の家というのが長府藩狩野派の御用絵師であり、芳崖は絵師としてその8代目に相当します。


絵師の家に育った芳崖は、幼いながらも父の後を継ぐべく日々画家としての道に励みました。芳崖は少年時代から絵の才能を発揮しており、その時の作品も10点近く現存しています。 芳崖が19歳の歳の時には芳崖の父も学んだ「木挽町狩野家」に入門し、勝川院雅信の元で学びました。その4年後には芳崖は弟子頭となり、生涯の友となっていく「橋本雅邦」と共に「勝川院の二神足」「竜虎」として称される程までに至りました。 画塾を終了した際にはその証として、勝川院雅信から「勝海雅道」の号を与えられます。その後、芳崖の父の修行仲間である三村晴山からの紹介により、佐久間象山と出会います。芳崖は象山の事を大変慕ったと言われており、慕うあまりその書風も真似したのではないかとされているそうです。


芳崖と同年代を生きてきた「高橋由一」が日本近代洋画家とするならば、芳崖は日本画史を飾る最初の人物です。芳崖にとって画の道を進むにあたって決定打となったのがアメリカ人の美術史家フェノロサとの出会いでした。芳崖にとってとても重要な出会いで、日本画の伝統に西洋の空間表現や写実性を取り入れた「新・日本画」を作り上げることを芳崖に託しました。そんなフェノロサの気持ちを受け芳崖は鮮やかな西洋の顔料を取り入れた「仁王捉鬼図(におうそうきず)」を完成させ、たちまち人気画家となりました。


【狩野芳崖・代表作】

  • 『仁王捉鬼』
  • 『伏竜羅漢』
  • 『谿間雄飛図』
  • 『江流百里図』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】

買取申込、ご相談、査定の依頼など

骨董品のことならお気軽にお問合せ下さい

0120-961-491
受付時間
9:00~20:00
(年中無休 ※年末年始除く)
初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る