松林桂月の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により松林桂月の作品であれば買取に自信がございます!

松林桂月の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

松林桂月絵画

松林桂月(マツバヤシケイゲツ) 1876年-1963年


松林桂月は明治から昭和にかけて活躍した日本画家。
「最後の文人画家」とも言われており、椿椿山や渡辺崋山らの画の流れを組む謹直な描写を基礎とし、近代の流行であった写生画の要素を取り入れ、さらにそこに漢詩などの要素を入れるといった品格の高い作品が桂月の特色となっています。


桂月(本名:松林篤)は山口県の萩市にて誕生しました。小学校を卒業した後、地元の素封家だった滝口吉良より援助を受けて桂月は上京します。明治27年になると野口幽谷(幕末から明治にかけて活躍した南画家)を師とし、桂月は南画の表現に新たな世界を築き上げ、「南画界の重鎮」と呼ばれています。
官展(政府主催の美術展覧会)の中心画家で、明治39年には日本南宗画会を結成しています。大正8年には帝展、昭和7年には帝国美術院会員、昭和12年には帝室技芸員となっており、桂月のその活躍は目まぐるしいものでした。
戦前の40代後半から60代にかけてが桂月にとって最盛期となっており、力作がこの時期に多く作り上げられています。桂月の作品の特色ともいえる右上から左下にかけての構図法がはっきりと表れ出したのは、この辺りからとされています。


「怒涛健鵰」(絹本墨画淡彩)は明治30年の時桂月が日本美術協会展で二等褒状を受けた記念碑とも言える作品です。当時桂月は死病とも言われていた結核を患っており、30歳以上の命は保証できないとまで医者に言われていました。そこで桂月は命があるうちにと難しい作品に挑戦しようとしました。その時のテーマだったのが「波」「岩」「猛禽」でした。それぞれ表現が異なり、猛禽の風格や波の勢いなどは技術なしでは描けないもので、同門からは冷やかしも受けたと言われています。幽谷も桂月が絵絹に描き始めた頃、親切から手伝うと言いましたが、桂月は自分で描き上げたいと涙ながらに断り、涙で絵絹がダメになってしまったという話も残っています。



【松林桂月・代表作】

  • 『怒涛健鵰』
  • 『潭上余春』
  • 『秋水群雁』
  • 『山楼鎖夏』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る