英一蝶の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により英一蝶の作品であれば買取に自信がございます!

英一蝶の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

英一蝶絵画

英一蝶(ハナブサイッチョウ) 1652年-1724年


英一蝶は江戸時代中期時の画家であり芸人。


一蝶は承応元年に京都にて侍医(藩お抱えの国許の医師)である父・多賀伯庵の子として誕生しました。
絵描きの才能が認められて一蝶は藩主の命令で狩野派の絵師である狩野安信の元に入門しますが、後に破門されたと言われています。
しかし、一蝶は多賀朝湖という名を名乗り、「狩野派風の画を描く町絵師」として活躍もしました。それと同時に多彩な一蝶は暁雲という名で俳諧も嗜みました。その時に出会ったのが有名な俳人家である松尾芭蕉や宝井其角で、一蝶は彼らと交友関係を持つようになります。
書道に至っては玄竜の門下にて書を学び、その世界でも一蝶は江戸中に名が知られるほどの活躍を見せました。そのため、旗本や町人、諸大名、豪商に至るまで幅広い交友関係を持っていたとされています。


元禄11年の頃に生類憐みの令に対して違反となってしまった一蝶は三宅島に流罪となってしまいます。
罪人には一定の仕送りが許されており、一蝶は制限がある仕送りの中で毎回画材を要求しました。その画材を使い、島で自分の便宜を図ってくれる人や江戸に残してきてしまった家族の家計のため、一蝶は筆を休めることなく絵を描き続けました。現在もその時に描かれた絵が新島や御蔵島に現存されています。
乏しい画材を駆使してでの創作活動だったにもかかわらず、一蝶の画は暗くなるどころか活き活きと描き、島民の所望に応じて縁起絵などが残されています。


配流以前の一蝶の画風は狩野派を学びながらも浮世絵に惹かれ、俳諧趣味をそれに取り入れることで浮世絵の大家であった菱川師宣をも超えるあたた強い都市風俗画を目指したと言われてます。また、島流しから江戸に復帰した後は多くの代表作を残しており、風俗や生活を取り入れ、好意的な意味での俗っぽさ・町絵らしさが表現されていたと言われています。


【英一蝶・代表作】

  • 『十二天像火天図』
  • 『立美人図』
  • 『四季日待図巻』
  • 『布晒舞図』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】

買取申込、ご相談、査定の依頼など

骨董品のことならお気軽にお問合せ下さい

0120-961-491
受付時間
9:00~20:00
(年中無休 ※年末年始除く)
初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る