丸山晩霞の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により丸山晩霞の作品であれば買取に自信がございます!

丸山晩霞の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

丸山晩霞絵画

丸山晩霞(マルヤマバンカ) 1867年-1942年


慶応から昭和にかけて活躍した日本の水彩画家。


晩霞(本名:丸山健作)は信濃国小県郡祢津村(現長野県)にて誕生しました。
晩霞は28歳の時に群馬県の沼田付近で写生していた吉田博(自然の写実を得意とした洋画家であり版画家)に出会います。その時博がキャンバスに描いていた水彩画に晩霞はいたく感銘をを受け、これがきっかけとなり水彩画家の道を進んだと言われています。
明治32年には吉田博とともに「日本アルプス写生旅行」を敢行し、飛騨の方面まで赴きました。 その後三宅の勧めによって渡米し、晩霞に同行した河合新蔵・鹿子木孟郎・満谷国四郎と先に出発していた吉田博・中川八郎を含めた計6人で「日本人水彩画家6人展」をボストンのアートクラブで開催し大成功を収め、さらにはワシントンD.C.やプロビデンスでも水彩の展覧会いは成功を収めたといいます。一緒に日本を発った4人でヨーロッパの各地を巡遊し、その後明治34年にシンガポールや香港を経由して日本に帰国しました


また、晩霞は世界の各国から石楠花を持ち帰っては育てるなど高山の植物に関して豊富な知識を有していました。他にも俳句を嗜んでおり、選者でもあったりと実にバラエティー豊かな才を持っていたそうです。自らが田園画家と称し郷里の風景を愛したということも残っており、地元の祢津村における文化は文化人としての存在もありつつ、地域振興の活性化にも一躍かった存在とされています。


内弟子である小山周次が中心となって「水彩画家丸山晩霞」題の遺稿集を刊行。晩年画風に関しては不評が多かった晩夏ですが、この遺稿集に寄稿した顔ぶれをみると、晩霞は日本美術界において大きな存在であったことが伺えます。



【丸山晩霞・代表作】

  • 『春の川辺』
  • 『春の村』
  • 『千曲川(橋)』
  • 『白馬の神苑』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る