菅楯彦の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により菅楯彦の作品であれば買取に自信がございます!

菅楯彦の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

菅楯彦絵画

菅楯彦(スガタテヒコ) 1878年-1963年


菅楯彦は明治から昭和にかけて活躍した日本画家。
大阪市名誉市民の称号を受けている人物で、浪速の風俗を愛した楯彦は「もっとも大阪らしい画家」と呼ばれました。


楯彦(本名:菅藤太郎)は鳥取県の鳥取市にて菅大治郎の長男として誕生しました。
父である大治郎は盛南の画号を持つ日本画家で塩川文麟を師にしていたそうです。そんな日本画家の父を持つ楯彦は幼いころから父から日本画を学びました。
楯彦が若干12歳にして父が卒中で倒れてしまい、高等小学校を中退。父に代わって着物の柄や提灯、看板のデザインを請け負い絵を描いて生計を立てようとしたものの、幼い楯彦の元に注文が来ることは少なく、生活は貧しくなるばかりでした。


楯彦は父以外から絵を学んだことがなく、父の死後当てもなかったため独学で画を学び始めます。
一つの派に拘ることなく、狩野派の浮世絵や四条派など幅広く研究し、歴史にも関心を持った楯彦は国学や漢文を鎌垣春岡、山本憲それぞれの元学びました。


大正6年になると、楯彦は当時絶大な人気を誇った芸妓の八千代と結婚に至ります。
大阪では名を知らないほどの知名度を持つ八千代と楯彦の結婚は世間の注目の的となり、これがきっかけで楯彦の知名度も上がり、絵が売れるようになり始めました。
しばらくして元より体が弱かった八千代は37歳という若さで他界、しかしこれがきっかけとなり楯彦の画業を飛躍的に発展したと言われています。


昭和初期に入ると楯彦は大阪の風俗画や歴史画を中心に手掛け始めます。
楯彦は写生を基にしつつ、極めて独特な画風を有しており、歴史や郷土芸能、民衆風俗を主題とした数々の作品を生涯手掛けました。



【菅楯彦・代表作】

  • 『月次風俗図』
  • 『地こく変』
  • 『舞楽青海波』
  • 『きつねのよめいりの巻』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る