尾形光琳の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により尾形光琳の作品であれば買取に自信がございます!

尾形光琳の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

尾形光琳絵画

尾形光琳(オガタコウリン) 1658年-1716年


尾形光琳は言わずと知れた燕子花図などを描いた江戸時代中期を代表する画家であり、琳派を築き上げた始祖。


光琳は1658年に京都の呉服商「雁金屋」に次男として誕生しました。
当時、呉服屋に生まれたことで流行の最先端を身近に感じることができた光琳は、当たり前のように様々なデザインから強く影響を受けていました。少年時代から茶道・能楽・書道・日中の古典文学を親しんでいたことはよく知られています。その時から絵は光琳の趣味だったとされているそうです。乾山によれば「絵にこそ自分の天分がある」と光琳はいつも言っていたとのこと。


しかし実は、光琳が画家に身を入れ始めたのは40代になってからだといいます。 雁金屋にとって最大の得意先であった東福門院が崩御したのをきっかけに経営が傾きだしたためです。「大名貸し」(米を担保に金子を融資する)を行って、その多くが貸し倒れになったのが経営悪化に拍車をかけてしまったのです。経営難で激減した収入を絵で補うため、追いつめられるとこまで追い詰められた光琳は、最後の選択として絵の道を志したのでした。


光琳は大画面に装飾的な屏風絵を描くのを得意としていましたが、絵を描ける平面であれば紙にとどまることなく、絹、着物、焼物、板など様々なものに描き、光琳独特のセンスが発揮し、今でものその作品は数多く残っています。
そんな光琳の作風を見たフェノロサ(アメリカ合衆国の哲学者)は「世界最大の装飾画家」であると光琳を高く評しました。
光琳の有名な作品の中に『風神雷神図』がありますが、これは俵屋宗達の原画に基づいて描かれたものとされています。直接的な関係性はないものの、光琳が宗達から学ぶ姿勢であったことが見て取れます。



【尾形光琳・代表作】

  • 『燕子花図』
  • 『風神雷神図』
  • 『紅白梅図』
  • 『松島図』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】

買取申込、ご相談、査定の依頼など

骨董品のことならお気軽にお問合せ下さい

0120-961-491
受付時間
9:00~20:00
(年中無休 ※年末年始除く)
初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る