菊池容斎の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により菊池容斎の作品であれば買取に自信がございます!

菊池容斎の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

菊池容斎絵画

菊池容斎(キクチヨウサイ) 1788年-1878年


菊池容斎は幕末から明治初期を代表する日本画家。
明治中期頃に盛んに描かれた歴史画のバイブルとしての役割を果たした「前賢故実」の作者としても名が知れている人物です。


容斎(本名:菊池武保)は江戸の下谷長者町にて御徒・河原専蔵武吉の次男として誕生しました。
菊池武長後を継いで菊池家を再興したため、菊池武保を名乗り、この時厳格さ故他人に対して容赦のない自分の性格を戒めるために「容斎」の号を自分に付けたと言われています。


容斎は幼少の頃から絵を描くのが好きでしたが、それを父が許さず画を学ぶことができませんでした。しかし、容斎が16の時に描いた両親の肖像画を見て、初めて容斎の画の腕前が認められ、画を学ぶことが許されたそうです。文化2年に高田円乗を師とし、狩野派や沈南風(写生的な花鳥画)の絵を学び始めるようになります。円乗の死後、は師に仕えることなく円乗の教えを守り、流派に拘ることなく長所を伸ばすことに努めました。決して生活は楽なものではありませんでしたが、容斎の画才を認めてくれた久貝正典の援助を受け、「呂后斬戚夫人図」や「阿房宮兵燹の図」などの大作を生み出しました。


文政8年になると「前賢故実」の制作に取り掛かり始めます。
全10巻より成される「前賢故実」は、神武天皇の時代から後亀山朝にまで至る日本史の中から代表する500人を選び出し、小伝を加えたり詩歌を添えたものです。
容斎の尊皇愛国の精神を顕著に表したこの作品は天皇の目にとまり、「日本画師」の号を直々に賜ったと言われています。


【菊池容斎・代表作】

  • 『前賢故実』
  • 『海野北窓像』
  • 『五百羅漢図』
  • 『観音経絵巻』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る