浦上玉堂の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により浦上玉堂の作品であれば買取に自信がございます!

浦上玉堂の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

浦上玉堂絵画

浦上玉堂(ウラカミギョクドウ) 1745年-1820年


浦上玉堂は江戸時代の文人画家。


玉堂は延享2年に岡山城下の藩邸内(現在の岡山市北区天神町)にて支藩備中鴨方藩に仕える武士だった浦上兵右衛門宗純の子として誕生しました。
幼い頃より勉学に励んでいた玉堂は大変才に溢れており、父が病に伏し没してしまった際には若干7歳にして家督を相続し、16歳で一つ年上である鴨方藩主池田政香に初めて御目見し、その後側近の「御側詰」として池田政香も忠誠を尽くします。政香と玉堂は「水魚の交」と周囲から言われるほどに厚い信頼関係を築いていたとされており、玉堂は敬愛政香の元、順調に昇進していくものの政香が25歳という若さで病死してしまいます。葬儀の際には諸事取計を仰せ付けられ、玉堂は大役を果たし、37歳の頃には大目附役と藩の重職に就くこととなりました。


玉堂が本格的に画業に打ち込み始めたの玉堂が40代に入ってからだとされています。
当時玉堂は絵を描くにあたっての自己の様式が定まるまでには至っておらず玉堂本人も「気ままに描くのだから画人というのは恥ずかしい」と「自識玉堂壁」に記しているほどです。
やがて玉堂は独自に画を成立させていくようになりますが、玉堂本人はプロの画家として見られることを拒み、その姿勢を生涯貫いたと言われています。
それと同時期頃、玉堂が30代の頃にも活躍していた琴や詩などにも再び振れ、文雅を好む友人たちと盛んに交流しました。しかしそういった暮らしは藩の職務に就く身としてはふさわしくないと藩の者達に判断されたためか、玉堂は43歳の時に大目附役の任を解かれ、左遷されてしまいます。



【浦上玉堂・代表作】

  • 『双峰挿雲図』
  • 『凍雲篩雪図』
  • 『山中結廬図』
  • 『秋色半分図』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】

買取申込、ご相談、査定の依頼など

骨董品のことならお気軽にお問合せ下さい

0120-961-491
受付時間
9:00~20:00
(年中無休 ※年末年始除く)
初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る