梶田半古の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により梶田半古の作品であれば買取に自信がございます!

梶田半古の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

梶田半古絵画

梶田半古(カジタハンコ) 1870年-1917年


梶田半古は明治から大正にかけて活躍した日本画家。


半古(本名:梶田錠次郎)は東京都の下谷御徒町にて彫金師の梶田政晴の長男として誕生しました。
梶田の家は代々鷹匠でしたが、父親である政晴は彫金を生業としていました。梶田家の稼業は半古の弟が引き継ぎ、幼少の頃から画才を持っていた半古は、明治15年に小学校を卒業すると苦しかった家計を支えるため早朝から深夜までの長時間を輸出品の扇子やはんかちに絵を描いては問屋に運んで資金にしていたそうです。 半古が13歳になる明治16年の時には浮世絵師で楊洲周延の弟子だった鍋田玉英(明治時代の浮世絵師)の元で画を学び始めます。
その翌年半古は眼病を患ってしまい、一時絵画修行を中断して琴などで身を立てようとしましたが、一年程度で眼病は癒えたため再び画業に戻りました。


半古は若いころから扇子などに絵を描いて生活を支えてきただけあり、故事や服飾などの図案作成にも通じていたため、明治37年のは半古の作図案集である「和可久佐」も出版されました。
数々の図案の中にはアール・ヌーヴォー(従来の様式に囚われない装飾性があったデザイン)の影響を受けていたと思われるデザインもあり、ただ影響されただけでなく、半古は自分の中でそれを落とし込んだ上で改めて表現をしました。それは洒落た字体や印章に現れており、それらの図案は描くためのヒントを得るのに顕微鏡を使ったとも言われています。
様々なものを積極的に取り入れる傾向にあった半古は日本画と洋画を区別するのは偏りがある考えとして一蹴りしており、自らも油絵を嗜んでいました。


【梶田半古・代表作】

  • 『釈迦帰郷』
  • 『比禮婦留山』
  • 『春宵怨』
  • 『蝶』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る