伊藤若冲の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により伊藤若冲の作品であれば買取に自信がございます!

伊藤若冲の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

伊藤若冲絵画

伊藤若冲(イトウジャクチュウ) 1884年-1934年


江戸時代の中頃に京都で活躍していた絵師で、近代日本の画家の一人と言われています。
写実と想像を巧みに融合させた「奇想の画家」として曾我蕭白、長沢芦雪と並び称せられています。

伊藤若冲は京都の錦小路にあった青物問屋「枡屋」の長男として生まれました。
23歳で父親である源左衛門が亡くなると、4代目枡屋(伊藤)源左衛門の名を襲名しています。

その後、若冲は事業を放棄してしまい、2年間丹波の山奥に隠居してしまったそうです。
40歳の時に、弟に家督を譲り、名前も「茂右衛門」に変え、早々に隠居しています。

商売には熱心でなかった様で、女遊びをする事もなく、酒も飲まず、生涯妻を娶ることもなかったそうです。

隠居後は、作家三昧の生活を送っていたとされていました。
しかし近年では、枡屋があった中魚町の隣にある帯屋町の町年寄を勤めたり、 隠居後も町政に関わりを持っていたとされています。
更に錦高倉市場の危機に際して市場再開に奔走していた事なども知られています。

晩年は、天明の大火により自宅を焼失しています。
生活が困窮した為か、寺の障壁画を手掛けたりしていますが、相国寺との永代供養の契約を解除した程だそうです。

伊藤若冲は、狩野派の画法を学び、その後その画法を捨て、宋元画(特に濃彩の花鳥画)を学んで、模写に励んだと言われています。
美しい色彩と緻密な描写を特徴としていますが。写生画とは異なり、伊藤若冲独特の雰囲気が漂っています。
山水画や人物画の作品は少ないとされていますが、若沖が尊敬していた「売茶翁」の肖像画だけは何度も描いているそうです。


※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る