山本春挙の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により山本春挙の作品であれば買取に自信がございます!

山本春挙の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

山本春挙絵画

山本春挙(ヤマモトシュンキョ) 1872年-1933年


山本春挙は明治から昭和初期に活躍した円山四条派の日本画家。 京都画壇を代表する画家竹内栖鳳らと共に近代画壇を代表する画家です。


春挙(本名:金右衛門)は滋賀県の滋賀群膳所町にて誕生しました。春挙の祖父は戦前の勤勉な商人として名高い高田善右衛門。


春挙が12.3歳の頃になると遠縁にあたる京都日本画家、野村文挙の元に入門しますが、その後文挙が上京したため明治18年になると文挙の師であった森寛斎の元で画を学ぶことに努めます。
その翌年になると春挙は京都青年絵画共進会に「菊に雀」と「呉孟」の2作品を出品し、一等褒状を受けるという快挙を成し遂げます。
明治24年になると日本画の先駆者である竹内栖鳳や菊池芳文らと共に青年絵画懇親会を結成。その同年には日本青年会が共進会の審査員となり「黄初平叱石図」も出品し二等の褒状を受けました。
それから3年後の明治27年になると春挙の師であった寛斎が他界。更に7年後の明治34年になると第7回新古美術店に出品した春挙の作品「法塵一掃」が1等2席となり、これが春挙の出世作となりました。
大正11年にはパリ日仏交換展に「秋山図」「義士隠栖」の2点を出品しサロン(パリの芸術アカデミー公式展覧会)の準会員となります。大正15年にはフランス政府よりシュヴァリエ・ドラ・レジョン・ドヌール勲章を授与されるなど、春挙の活躍はめまぐるしいものでした。


春挙の画風は黒彩や色彩の表情が非常に豊かで、四条派を受け継ぎつつも西洋の刺激を受けたその技術は春挙の特徴でもあります。明治天皇も春挙のファンだったとされ、亡くなる際には床の間に春挙の作品が飾られていたそうです。



【山本春挙・代表作】

  • 『奥山の春図』
  • 『ロッキーの雪』
  • 『瑞祥』
  • 『主基地方風俗歌屏風』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る