渡辺省亭の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により渡辺省亭の作品であれば買取に自信がございます!

渡辺省亭の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

渡辺省亭絵画

渡辺省亭(ワタナベセイテイ) 1852年-1918年


渡辺省亭明治から大正にかけて活躍した日本画家。
省亭の画風は、西洋画的な雰囲気を取り入れ、洒脱な花鳥画が特徴とされています。


省亭(本名:吉川吉復)は江戸の神田佐久間町にて廻船問屋を務める父・吉川長兵衛の次男として誕生しました。省亭が8歳という幼い時に父である長兵衛が他界し、代わりに兄が省亭を養いました。
13歳になると省亭は質屋に奉公に入ります。質屋をないがしろにし、絵を描いていたものの、それが中々上手かったため、質屋の主人が省亭の親元を説得し、省亭が16歳になると容斎の元へ弟子入りすることになりました。


容斎の指導は入門してから3年間、絵筆を握らせてもらえないという一風変わった指導を取っており、更には厳しかったともいわれています。
容斎は「書画同一也」という構えを持っており、これに倣って省亭はひたすら容斎の書を手本に習字をしました。容斎のこの考えが後に省亭の作品に大きく活かされ、切れ味のいい筆捌きは、この習字で培ったものとされています。
しかしそれから3年経過すると、容斎は逆に放任の姿勢を見せます。
容斎は粉本は自由に使わせつつも自己表現を探求し確立させることに徹したと言われています。容斎は省亭と散歩に行き、帰宅すると行き交う人の着物の帯色や柄を尋ね、しっかり答えないと酷く𠮟ったそうです。しかしこの指導のお陰で、筆捌きだけではなく省亭は観察眼も身に着け、次々と写生に活かしていきました。


省亭はパリに滞在し、印象派との交流も深めたそうです。
中には省亭が描いた花鳥画をエドガー・ドガに送ったという逸話も残っており、またある時は、省亭の画を洋画家が研究するため購入したともされています。



【渡辺省亭・代表作】

  • 『花鳥魚蝦畫冊』
  • 『美人図』
  • 『雪中牡丹に雀図』
  • 『不忍の蓮・枯野牧童図』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る