森狙仙の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により森狙仙の作品であれば買取に自信がございます!

森狙仙の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

森狙仙絵画

森狙仙(モリソセン) 1747年-1821年


森狙仙は江戸時代後期に活躍した日本画家。
円山応挙や狩野派らの影響を受けつつ、自分ならではの画風を追い求めた狙仙は、森派の祖でもあります。
動物画を主としており、特に猿画が得意だったとされ、代表作として「秋山遊猿図」などが挙げられます。


狙仙は他の画家に比べて、生涯についての資料が不足しており、不明な点も多い画家です。
絵師である森如閑斎の元に三男として誕生し、兄には同じく日本画家である森陽信、森周峯の兄二人がいました。出生場所は諸説あるものの、大阪を中心に活躍したと言われており、画に関しては狩野派である勝部如春斎の元で初めに学んだと言われています。その際如寒斎の名を与えられ、それを号としました。
天明4年に如春斎が没した頃から円山応挙や沈南蘋らより影響を受けた狙仙は、画風を改め写実性を重視する描き方をするようになりました。その辺りから狙仙は猿画を得意とするようになり、猿画の名手として狙仙は評判はより高くなったと考えられています。


狙仙が残している作品は約90%異常が猿の絵とされています。巧妙に擬人化されている祖先の猿画は受け取り手に親しみやすさを与えており、その表現もまた一級もので、猿の毛並みの柔らかさを表現する描写力、数多の猿を描きつつそれの見分けをつけられるほどの活き活きとした猿の個性にはユーモラスや仕草の違いをハッキリ見て取ることができ、圧倒的な構成力があることも分かります。
こうした描き方は狙仙独特のもので、それを習得するのにも逸話があったとされています。
始めは猟師に猿を生け捕りにしてもらい、それを観察して描いていた狙仙でしたが、自然体そのものの猿をそれでは描くことができないと指摘された祖先は山野に猿を観察するために赴き、それに数年費やしたと言われています。



【森狙仙・代表作】

  • 『梅花猿猴図』
  • 『岩上群猿図屏風』
  • 『双猿胡蝶図』
  • 『孔雀図屏風』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る