川端龍子の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により川端龍子の作品であれば買取に自信がございます!

川端龍子の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

川端龍子絵画

川端龍子(カワバタリュウシ) 1885年-1966年


川端龍子は戦前の日本画家であり俳人。


和歌山県に生まれた川端龍子(本名:川端昇太郎)。
龍子は幼少の頃に広大な空を泳ぐ鯉のぼりの姿を見て心惹かれ、職人の所に通い詰めてはその鯉のぼりの描き方を真似して何度も描いたそうです。「自分もこんな絵を描けるようになりたい」これが龍子が画家としての道を歩み始める一歩でした。


明治36年の時に読売新聞社が一般募集をかけた「明治三十年画史」に龍子は30作品を応募します。この30作品の中から龍子が描いた「軍艦富士の廻航」「西南戦争の熊本城」の2点が入選。このことがきっかけで龍子は本格的に画家としての道を志すようになりました。


当初龍子は日本画ではなく、太平洋画会研究所などに所属し洋画を描いていました。大正2年には渡来し現地で学び、西洋画で身を立てようとしていました。しかし、いざ憧れの地に降り立った龍子には厳しい現実が待っており、日本人が描いた西洋画には誰も見向きしなかったのです。行き詰まりを感じた龍子はボストン美術館に立ち寄り、そこで出会った絵巻の名作「平治物語絵巻」を見ていたく感動して帰国後日本画としての道を歩むようになりました。


小さな空間で楽しむ「床の間美術」が当時の主流となっており、繊細で優美な絵がもてはやされていた中、龍子の絵は異色のものでした。 しかし、激しい色使いや大胆に描かれた水の流れと波しぶきは、巨大なエネルギーを感じる龍子の絵は次第に観るものを圧巻していくようになります。龍子は躍動感溢れる水の世界を描き続け、独自の芸術の道を切り開いていきました。



【川端龍子・代表作】

  • 『鳴門』
  • 『慈悲光礼讃(朝・夕)』
  • 『愛染』
  • 『草炎』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】
骨董品のことならお気軽にお問い合わせください

受付時間:9:00~20:00

メール査定

24時間受付

トップへ戻る