森寛斎の作品買取ならどこにも負けません!
確かな鑑定力により森寛斎の作品であれば買取に自信がございます!

森寛斎の作品買取なら日晃堂にお任せください!買取に自信がございます!

森寛斎絵画

森寛斎(モリカンサイ) 1814年-1894年


森寛斎は幕末から明治にかけて京都を中心として活躍した日本画家。
穏和で趣味に富んでおり、「明治の応挙」とまで呼ばれる程でした。


寛斎(本名:石田尚太郎)は長州藩士だった石田傳内道政の三男として誕生します。
文政8年、寛斎が12歳の時に円山派に影響を受けた太田龍の元で絵を習い始めます。その後京都にいる森徹山の元に入門。師である徹山は当時四条派に押されて衰退の一途を辿っていた円山派を再興するため、寛斎を表向き実子としました。徹山が他界すると、寛斎は一時的に京都を離れ、四国や中国地方を見て回り、この頃に南画の画風も身に着けたと言われています。


幕末の政情に不安が起こり始めると、寛斎もその火中に飛び込んでいきました。
寛斎自身が京都の様子を伝えるため何度も長州と京都を行き来したとされ、一時は新選組からも命を狙われたといいます。そんな期間を続けた寛斎でしたが、絵を捨てたわけではなく、安政2年に常御殿の杉戸絵に「赤壁」や「帰去来」を描いており、様々な場所でこの頃の作品が確認されているそうです。


寛斎は明治以降、京都へと移住します。
幕末期に国事を奔走した慌ただしい日々の面影は全くなく、寛斎は絵三昧の悠々とした生活を送り始め、塩川文麟たちと如雲社に参加。その後京都画壇の中心人物となるほど寛斎は実績を残していくようになりました。京都府の画学校では画学講座も担当していたそうです。


円山が衰退していった要因は、対象の形を写す事ばかりに意識が行き、それに捉われ過ぎてしまったため衰退したと寛斎は考えました。
そこで寛斎は、四国や中国地方を回った時に学んだ南画の表現を手本とし、掠れや滲みといった墨ならではの表現方法を取り入れた雅趣に富む筆捌きを追求し、単なる写生に留まらないように表現方法を追求しました。


【森寛斎・代表作】

  • 『葡萄とりす』
  • 『松林瀑布山水図』
  • 『京人形図』
  • 『観瀑図屏風』
※人気の作家ですので、偽物や工芸印刷も多数出回っております。

ご売却をお考えの絵画がございましたら日晃堂にお任せください!

独自ルートによる販売経路を確立しておりますので、他店以上の高額買取が可能ですので、 他店での査定金額にご不満の方、売却される前に是非ご一報ください!

鑑定には経験豊富な古美術専門鑑定員のいる日晃堂にお任せ下さい。 価値ある資産を誠心誠意、正当に評価させて頂きます!

無料出張買取や、無料宅配買取も致しております。 何でもお気軽に電話・メールにて相談下さい。

作家リスト

【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
  • 中尾淳
  • 中島千波
  • 中路融人
  • 中野嘉之
  • 中村岳陵
  • 中村大三郎
  • 中村貞以
  • 中村不折
  • 中村正義
  • 中村宗弘
  • 西村五雲
  • 西山完瑛
  • 西山翠嶂
  • 西山英雄
  • 野崎幻庵
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
  • 山川秀峰
  • 山口華楊
  • 山口蓬春
  • 山本丘人
  • 山元春挙
  • 山本梅逸
  • 結城素明
  • 横山操
  • 横山大観
  • 与謝蕪村
  • 吉岡堅二
  • 吉田善彦
  • 頼聿庵
【ラ・ワ行】

買取申込、ご相談、査定の依頼など

骨董品のことならお気軽にお問合せ下さい

0120-961-491
受付時間
9:00~20:00
(年中無休 ※年末年始除く)
初めてのお客様買取10%アップ

トップへ戻る